クラウドファンディング

ブログ

【中村美優(あさひめ)による第3回『BUNGA CAFE』ライブを開催します☆】

新世界日活という映画館をリニューアルして、2016年1月、多目的劇場『新世界シアター朝日』としてオープンしたのをきっかけに、演歌や昭和歌謡を歌うアイドルグループとして『あさひめ』が誕生、そのメンバーの一人が中村美優ちゃんで、現在は、『あさひめ』というユニット名を残しながら、中村美優として活動しています。

新型コロナウィルス感染拡大により、昨年3月頃から、各種イベント、音楽ライブなどが中止になり、中村美優ちゃんのお仕事も全てキャンセルになりました。

昨年5月10日に予定していた中村美優ワンマンコンサートも中止になり、ファンの前で歌う機会が無くなっていたようです。

感染防止対策に努めながら、小規模な歌謡ショーを開催できる方法を模索していたところ、『BUNGA CAFE』を貸切にしてミニライブを開催することになりました。

中村美優ちゃんによる『BUNGA CAFE』ライブは、昨年9月、11月に開催し、ファンの皆さんの前でミニ歌謡ショーを行うことができました。

カフェ店内でのライブは、中村美優ちゃんとお客さんの距離も近く、アットホームな雰囲気でした。

音響面では、新世界にある音楽事務所『CROSS CULTURE RECORDS』さんに全面協力していただき、本当に感謝しています。

さて、2021年1月27日に、中村美優ちゃんの新曲『間宮海峡 〜 林蔵の恋』CDが発売されます。

1月31日に新世界シアター朝日にて新曲発表と歌謡ショーを開催。

そんなCD発売のタイミングもあり、また、バレンタインデーでもあり、2月14日(日)に、中村美優ちゃんによる第3回『BUNGA CAFE』ライブを開催することになりました。

ライブ開催にあたり、感染防止にも務めます。

密になることを避けるため、ライブは、14時、15時の2回に分けて行い、通しで観ることもできます。

また、中村美優ちゃんのTwitterには、毎回、『BUNGA CAFE』ライブでの感染防止対策として、下記のように記載されています。

【ミニライブ観覧に際する注意事項】

①マスク着用必須、
入場前の検温・アルコール消毒
②大声での声援
《応援は手拍子や拍手でお願いします》
③他のお客様との間隔を取る
④握手禁止
⑤本人との2ショット禁止
(ピンショットはOK)

 
開催概要は下記の通りです。

■中村美優(あさひめ)ミニライブ

[開催日]
2021年2月14日(日)

[開催時間]
1回目 14時〜
2回目 15時〜

[入場料]
1ライブ 1500円(1ドリンク付)
2回 通し券 2800円(2ドリンク付)

[場所]BUNGA CAFE
地下鉄堺筋線 恵美須町駅3番出口より徒歩1分

[音響協力]
CROSS CULTURE RECORDS

今年のバレンタインデーは、感染防止をしながら、中村美優ライブをお楽しみください。

[追記]
近日中に、中村美優ちゃんのTwitterにも告知、申し込み方法が掲載されると思いますので、チェックしてください。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【ニュースサイト『THE PAGE』に通天閣の社長が登場☆】

THE PAGE(ザ・ページ)というニュースサイトをよく見ます。

Yahooが運営するニュースサイトてして、気になる世の中の動きや社会問題を、わかりやすく解説しています。

先日、ニュースサイト『THE PAGE』に、通天閣の高井社長の記事が載ってました。(2020年1月3日配信)

私は、高井社長が通天閣に入る前、たぶん30歳代前半ぐらいの時からの親しい間柄でした。

記事によると、高井社長は46歳だそうで、月日が経つのは早いものです。

『THE PAGE』では、コロナで翻弄された2020年を振り返りながら、通天閣の現状、今後の展開など、深く掘り下げた記事が掲載されてました。

昨年、通天閣では、大阪府が新型コロナウイルスの感染拡大・収束状況を判断するための独自指標・基準となる「大阪モデル」の基準値を表すライトアップに協力し注目を浴びましたが、その反面、緊急事態宣言による休業、来場者数の激減という事態に見舞われました。

昨年5月、通天閣では2階〜3階の窓に「明けない夜はない、マスクの下は笑顔で」というメッセージを掲げました。もっと短い期間で、夜が明けるかなと思ってましたが、未だに続いているのは本当に想定外ですね。

しかし、そんな逆境の中でも様々な知恵とアイデアを打ち出してきました。

記事には『2021年はみなさんが驚くようなスリル体験満載な施設を作りたい』という高井社長のコメントがありますが、新世界に元気が戻る起爆剤になるよう期待したいです。

今の2代目通天閣を再建するにあたり、地元の人達が『やっぱり新世界には通天閣がなかったらあかん』という気持ちが始まりだったそうです。

今年、当ブログでは通天閣についての記事が続きましたが、こんな時こそ、新世界には通天閣の存在が大事であり、この難局を乗り越えてほしいという気持ちを込めています。

通天閣の高井社長には、より一層、頑張ってほしいと思います。

個人的には、電話で激励をしてますが、高井社長は、いつもこのブログを読んでくれているそうなので、今日はブログでの激励にさせていただきました。

■『THE PAGE』の記事はこちら。

是非、ご覧ください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b80c0e0423408a65d27a4aed7b51fa3079d9db7
通天閣46歳社長・大阪への熱き思い「今年も仕掛けまっせ」(THE PAGE) – Yahoo!ニュース
大阪・新世界の観光名所で、国の登録有形文化財にもなっている「通天閣」(大阪市浪速区)。昨年は大阪府が新型コロナウイルスの感染拡大・収束状況を判断するための独自指標・基準となる「大阪モデル」の基準値
リンク
news.yahoo.co.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【#f2020☆ガンバルladyによる動画が公開されました!】

先日、ブログでも紹介しましたが、新世界での様々なイベントに参加してきたダンスグループ『WHY’$』(ワイズ)のメンバー2人が、『がんばるレディ』というダンスユニットを作って活動を始めました。

これからも年齢に関係なく、後悔することなく、今できることを頑張っていこうという想いから、『がんばるレディ』として、ダンスをベースに、動画作りや企画など、様々な形での活動を考えてます。

ブログでも紹介しましたかま、第一弾として、『がんばるレディ』によって、BUNGA CAFEのプロモーション動画撮影が行われ、YouTubeで公開しています。

https://youtu.be/vIsuj28O-M4
感染予防をして新世界を楽しもう!
MEGUMI × 新世界 Tie up PV 【コロナ対策】新世界では皆様に安心してお越しいただく為、精一杯対策しております。ダンスを通して沢山の人にこの新世界の取り組みを知っていただけますように。
リンク
youtu.be

また、昨年末にはジャンジャン横丁にあるゲームセンター『かずが』などで動画撮影を行いました。

店内でダンスシーンも撮りました。

もちろん、『かずが』のオーナーさんに許可を得て撮影を行いました。

昭和レトロ、新世界の老舗ゲームセンター『かずが』ですが、コロナ禍で、お客さんも少ない状況でした。

ふだんなら、かなり賑わっていて、ゆっくり撮影できなかったと思います。

1月1日に、YouTubeで公開されてます。

動画には、#f2020 とハッシュタグがついてましたので、メンバーの miyuuちゃんに動画の趣旨を聞いてみました。

楽曲の歌詞が、2020年は最悪の年だった、今年いい年にできるようにっていう内容です。

感染予防しながら遊んでいる感じとステイホームしてる様子など、昨年の過ごし方を表した動画にしました。

と、おっしゃってました。

動画では『てんしば』の雰囲気、かずが店内でのダンスシーンもあり、いい感じに仕上がってます。

ノーマスクで過ごせる日は、いつになるのかなぁ?

と思いながら動画を観てました。

2020年を振り返りながら、是非、ご覧ください。

f2020

f2020#2020#2021#avenuebeat

リンク
youtu.be

https://youtu.be/qYlFHiEeruI
f2020 short ver

f2020 #avenuebeat#2020#2021#dance#ggg#ganbarulady

リンク
youtu.be

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【釣鐘まんじゅう、芭蕉、そして新商品もオススメです☆釣鐘屋本舗】

釣鐘屋本舗は明治33年創業、四天王寺の大梵鐘を模した『釣鐘まんじゅう』、バナナカステラ『名代 芭蕉』が有名です。

釣鐘屋本舗は、通天閣から北へ約80mの場所にあります。

通天閣の展望台から、ビルの屋上に釣鐘が設置されているのが見えますが、このビルが釣鐘屋本舗です。

今でこそ、数々の大阪土産や通天閣土産、ビリケングッズが新世界で売られてますが、私が若い頃、釣鐘まんじゅうは新世界の名物であり、代表するお土産でした。

さて、通天閣のすぐ下に釣鐘屋本舗の販売店『夢』があります。

隣の新世界会館で会議がある時、帰りに『夢』で働く気さくな女性スタッフと雑談をすることがあります。

新型コロナウィルス感染拡大による影響で、今年は前例の無いぐらいお客さんが少なかったそうです。

毎年、今宮戎神社の十日戎に合わせて、半額キャンペーンなどを行い、風物詩になっています。

しかし今の状況では、『来年の十日戎はどうなるんでしょう、期待できないかもしれませんね』と、スタッフの方も心配されてました。

そんな中、釣鐘屋本舗では新商品を販売しています。

洋風おまんじゅう『ビターキャラメル』『あんバター』の2種類です。

スタッフの方も薦めてくれたので、さっそく買って帰り、食べてみると、かなかな美味しいおまんじゅうでした。

この新商品はオススメです。

新世界でお土産をお探しの方、是非、全釣鐘屋本舗にもお立ち寄りください。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【第2弾『通天閣』大人入場料金半額キャンペーン☆関西2府4県在住の方が対象!】

昨年末より大阪でも厳しい寒さが続いています。

今年1月1日より、通天閣では氷を表すアイスブルーのライトアップになっています。

2017年のリニューアルより、通天閣のライトアップは12色になり、月毎に色が変わり、季節を表しています。

さて、通天閣では、大阪府民のみなさんに、是非、通天閣のおもしろさを体感してもらおうと、半額キャンペーンを実施中です。

多くの観光客が通天閣に上るのとは対照的に、大阪に住んでいる人は、通天閣に上ったことがない方が多いようです。

『近いからいつでも上れる』という気持ちもあるようです。

『わざわざお金を払って、なおかつ並んでまで、自分たちが住んでいる大阪の風景を見なくてもいいやん』という人もおられるかもしれませんね。

コロナ禍、『GO TOトラベル』も一時停止になり、観光客が少なく、展望エレベーターに乗るために並ぶことはないでしょう。

大阪府民限定『通天閣』大人入場料金半額キャンペーンについて、通天閣の高井社長は、

半額キャンペーンは成功です。やって良かったというのが実感です。遠方からの観光客が少ない中、大阪府在住の皆さんに、通天閣を体感してもらえる良い機会になりました。

と、おっしゃってました。

大阪府民限定『通天閣』大人入場料金半額キャンペーン実施期間は、2020年12月19日〜2021年1月11日までとなっています。

そんな中、通天閣から私の事務所に、報道関係者向けにファックスが届きました。

なんと、割引対象エリアを関西2府4県に拡大して、第2弾『通天閣』大人入場料金半額キャンペーンを実施することになりました。

大阪府民限定『通天閣』大人入場料金半額キャンペーンが好評で、近隣府県在住の方からも『なんで大阪府民だけ割引なん?関西人にとって近場の通天閣には登ったことがない人が多いでぇ』という声が多かったそうで、それならば、割引対象エリアを拡大しようということになったようです。

期間は、2021年1月12日〜1月31日まで。

対象は関西2府4県(兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)在住の方、複数で来場の場合は、代表者が大阪府内在住であれば、全員が対象だそうです。

通天閣わくわくランドチケットカウンターで、関西2府4県在住を証明できるもの(運転免許証など)を提示してください。

■一般展望台料金 大人800円→400円

■特別屋外展望台、一般展望台セット料金
1300円→700円

■2階オフィシャルショップ、及び、地下わくわくランドで、2000円以上お買い求めいただくと、10%割引になります。

関西に在住のみなさん、是非、お得に通天閣をお楽しみください。

■詳しくは、通天閣オフィシャルサイトをご覧ください。
https://www.tsutenkaku.co.jp
通天閣 [公式サイト]|展望台・タワー|大阪のおすすめ人気観光スポット(天王寺・あべの・新世界エリア)
女子や子供も楽しく面白い大阪観光地人気ランキングの穴場デートスポット。幸福の神様ビリケンが鎮座する黄金の展望台からは夜景が綺麗。名物通天閣パフェのマザー牧場カフェ・大阪観光お土産店・お菓子や食品のアンテナショップ(森永・グリコ・日清)など話題沸騰中!
リンク
www.tsutenkaku.co.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【今年と昨年を見比べて☆1月2日の新世界の様子】

令和3年1月2日の新世界の様子です。

ちなみに、下の写真は昨年のお正月の様子です。

昨年のお正月より、かなり人出が少なくなっています。 

コロナ禍、お正月らしい賑わいを感じることができず、寂しいですね。

人力車の車夫に聞くと、

秋には、gotoトラベルのお客さんに人気がありました。

少し明るい兆しが見えてきたように感じましたが、再び、新型コロナの感染者が増え続け、 gotoトラベルも停止になり、厳しい状況です。

コロナ前は、全国から海外から多くの人が新世界に来られてましたが、今年のお正月は大阪の人が多く、人力車のような観光産業にとっては厳しい正月です。

と、おっしゃってました。

新型コロナ感染拡大によって、観光産業へ与えるダメージが大きすぎるのが解ります。

そんな中、今宮戎神社では、1月9日〜11日には十日戎が行われます。

毎年のように大混雑な十日戎にはならないと思いますが、それでも多くの参拝客が訪れるでしょう。

地下鉄堺筋線『恵美須町駅』付近から今宮戎神社へ向かう国道25号線には、交通規制や自転車撤去のお知らせが掲示されてます。

今宮戎神社ホームページには『交通規制のお知らせ』が掲載されています。

年末年始から十日戎まで、日程でいうと、12月27日頃から1月11日頃までは、新世界の店舗にとっては『書き入れ時』のはずですが、今年の状況は想定外です。

一日も早くコロナが終息することを願うばかりです。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【今年の初詣☆神社は感染防止にも務めています!】

今年も例年通り、深夜、仕事終わりに初詣に行ってきました。

元旦、午前12時30分頃でした。

通天閣から北へ約80m、新世界稲荷神社。

ひっそりとしてますが、新世界の地元民として、いちばんに新世界稲荷神社にお参りしています。

自転車でひと走り、廣田神社へ。

境内の提灯には、新世界部会、その他、周辺地域の提灯があります。

萩ノ茶屋部会もあり、西成区の方まで広いエリアに部会があるのが解ります。

コロナ禍、境内には感染防止を促すポスターが貼られています。

神社の賽銭箱の上側にある鈴、正式名称は本坪鈴(ほんつぼすず)と呼ばれてますが、多くの人が触ることから、感染防止のため、鈴を鳴らす紐が外されてました。

廣田神社では、祭神の一人に「賢彦名命(さかひこなのみこと)」を祀り、この神はアカエ(エイ)に乗り訪れる智恵の神様だと言われています。

無病息災・痔疾をはじめ難病治癒にご利益があり、叡知の“エイ”に通じることから合格・必勝の祈願を叶えるといわれており、広く信仰されています。

「エイ」の信仰は、昔、この辺りが漁師町であったからだと推察されています。

廣田神社のスグ近くには、今宮戎神社があります。

コロナ禍でもあり、例年より参拝客が少ないのが解ります。

境内には、感染防止を促すポスターが貼られています。

今宮戎神社のインスタグラム、ツイッターもあるようなので、検索してみてください。

多くの参拝客が訪れる神社では、マスク着用、分散参拝、並ぶ時には距離を保つ等、感染防止にも努めているようです。

今年も新世界稲荷神社、廣田神社、今宮戎神社と初詣を巡りましたが、今年こそ、良き年になることを切に願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【通天閣のてっぺんの天気予報に、ピンク色=雪の表示が出ました☆】

年末から一気に寒くなりました。

気象予報によると、日本付近には12月31日の大晦日から1月1日の元日にかけてをピークに非常に強い寒気が流れ込み、荒れた天気となりました。

日本海側では数年に一度の大寒波といわれ、大雪になった地域もあります。

大阪でも雪やみぞれが降る時もあり、いつも以上に寒い年越しだったように思います。

さて、通天閣のてっぺんでは、明日の天気予報が色で表示されています。

晴れの時は「白」、曇りは「オレンジ」、雨は「青」といった色で点灯します。

晴れ時々曇りなどの場合は、上半分が白色、下半分がオレンジ色に点灯します。

そして、これらの色以外に、ピンク色に輝くレアな表示があります。

実は、雪の表示がピンク色になっていて、大阪での雪予報が少ないため、天気予報ネオンがピンク色に輝くのは年に1度あるかないかの光景だそうです。

通天閣の屋外展望台「天望パラダイス」に上れば、天気予報か表示されるネオンを間近に見ることができます。

12月30日、通天閣のてっぺんには、赤色とピンク色の表示が出ました。

写真では見にくいかもしれませんが、確かに、赤色とピンク色です。

実は、雪=ピンク色の表示について、通天閣の公式パンフレット、公式ホームページにも記載がなく、情報が少なくのですが、ネット新聞『あべの経済新聞』の過去の記事(2016年の記事)に掲載されてますので、ご覧ください。

https://abeno.keizai.biz/headline/2017/
大阪は雪の予報 通天閣の天気予報がピンク色に点灯
大阪の明日の天気予報が曇り時々雪となり、通天閣(大阪市浪速区)最上部の天気予報が1月19日、ピンク色に点灯した。
リンク
abeno.keizai.biz

ところで、現在では、天気予報を調べるのに、テレビだけでなく、スマホでも観ることができ、一時間毎の雨雲の動きも知ることができる時代になりましたが、それでも私は、一日に一回は通天閣のてっぺんの天気予報をチェックするのが習慣になっています。

夜になってライトアップされた通天閣を見上げ、ついでに天気予報をチェックして、「おっ、明日は晴れやな!」と安堵する、ちょっとした風情を感じます。

通天閣のライトアップをご覧になる際、てっぺんの天気予報にも注目してください。

今年の冬、再び、雪=ピンク色の表示が出るかもしれませんね。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【新年、あけましておめでとうございます☆】

新年、あけましておめでとうございます。

いよいよ、2021年がスタートです。

ブログでは、新世界の最新情報、地域情報、イベント情報、店舗情報、街の動きなど、毎日更新してきました。

いつもブログを見てくださっている皆さまには、本当に感謝しています。

昨年は新型コロナウィルスの感染拡大により、どうしてもブログの記事がコロナ絡みの記事が多くなりましたが、今年は新世界に賑わいが戻ることを願っています。

さて、一昔前、気軽にできる情報発信として、ブログが人気でしたが、現在は情報発信の方法も多様化しています。

Instagram、Twitter、Facebook、YouTube などで多くの人が気軽に情報発信できる時代になりました。

私がブログにこだわっているのは、ブログは、ある程度、文章が中心になっていて、例えば、イベント情報を発信するにも、イベント告知だけではなく、そのイベントが行われるまでの過程や歴史的背景、趣旨、人の想いなども含めて、できるだけ深く伝えていきたい、そして記録に残していきたいと考えています。

今年もブログ毎日更新を目指して頑張っていきたいと思います。

ブログを通じて、新世界に興味や親しみを持っていただけたら嬉しいです。

そして、まだまだ新型コロナウィルスの感染は続いてますが、感染予防をして新世界をお楽しみください。

[追記]

新年を迎えるにあたり、新世界公認ホームページ『The Fit Shinsekai』のトップ画像が変わりました。

気持ちも新たに、ホームページの運営もしていきたいと思います。

■ 新世界公認ホームページ『The Fit Shinsekai』

https://shinsekai.jp
新世界公認ホームページ【the fit shinsekai】
知ってることも知らないことも…あなたにぴったりな新世界をご案内します
リンク
shinsekai.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【来年こそ、人も店も街も元気が戻る年になってほしいと願っています☆】

12月31日、大晦日、早いもので、2020年も終わりですね。

昨年の年末年始は、中国で新型コロナとかいうタチの悪い感染症が流行してるらしいという話を聞きながら、日本は大丈夫やと、他人事のように思っていた時期でした。

まさか今年一年、新型コロナウィルスに翻弄されるとは思いませんでした。

今年も新世界情報ブログは、新世界の最新情報、街の動き、店舗情報、地域情報などをおりまぜ、毎日更新することができました。

イベント情報については、イベント中止情報ばかりだったように思います。

また、新型コロナウィルスの感染拡大が続いている中で、記事を書くのに、毎年とは違う大変さがありました。

春の緊急事態宣言中など、新世界がどのような状況でも、記録に残していくことが重要だと思いながら、ブログを書いた時期もありました。

多くの方が、いつもブログを見てくれているのが、記事を更新する上で、大きな励みになります。

本当にありがとうございました。

さて、先日も掲載しましたが、新型コロナウィルスの感染拡大が収まらない状況の中、通天閣では、年末恒例の「干支の引き継ぎ式」が中止になりました。

今年の干支と来年の干支、毎年本物の動物同士がバトンタッチする際、この一年の反省と来年の抱負を談話形式で語り合う口上を楽しみにしている方が多く、急遽、「干支の引き継ぎ式」で発表予定にしていた今年の干支(子)と来年の干支(丑)の口上を通天閣公式サイトで発表することになったそうです。

すでに通天閣公式サイトには掲載されてます。

今年は新型コロナに振り回された年でしたが、来年は健康と経済も両立して、コロナをやっつける年になりますように、というメッセージが伝わってきます。

来年こそ、人も店も街も元気が戻る年になってほしいと願っています。

そして、来年も新世界の情報ブログをよろしくお願いします。

■通天閣公式サイト
https://www.tsutenkaku.co.jp
通天閣 [公式サイト]|展望台・タワー|大阪のおすすめ人気観光スポット(天王寺・あべの・新世界エリア)
女子や子供も楽しく面白い大阪観光地人気ランキングの穴場デートスポット。幸福の神様ビリケンが鎮座する黄金の展望台からは夜景が綺麗。名物通天閣パフェのマザー牧場カフェ・大阪観光お土産店・お菓子や食品のアンテナショップ(森永・グリコ・日清)など話題沸騰中!
リンク
www.tsutenkaku.co.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。