クラウドファンディング

ブログ

【今の社会状況を鑑み、新世界夏祭り、新世界フライングキッズは中止になりました☆】

先月のことですが、新世界会館で、新世界町会連合会の役員会が行われました。

人が集まる会議などは中止になったりする状況でしたが、絶対に決めておかなければならない議題があり、開催することになりました。

新型コロナウィルス感染防止対策として、マスクを着用、席の間隔を空け、窓を開け、密集•密接•密閉、いわゆる3密を避けながら会議を進めました。

議題のひとつである会計報告の承認を得て、もうひとつの議題、新世界夏祭りについて話し合いました。

今の社会状況の中で、7月22日に予定している新世界夏祭り『神輿•だんじり巡行』を中止にすることに決まりました。

新世界での神輿•だんじり巡行は、今宮戎神社の近くにある廣田神社の夏祭りの一環で行われていますが、廣田神社の夏祭りも中止になったそうです。

昨年の新世界夏祭りには、午前の部•午後の部、総勢400名を超える大行列での巡行でした。

☆写真は、以前に行われた新世界夏祭りの様子

多くの人が集まる行事であり、今年は学校の予定も解らず、子供達の参加も難しくなりそうで、今年の開催を見送ることになりました。

戦後まもなく始まった新世界夏祭りを中止にすることは初めてのことで、断腸の思いでの決断でした。

また、8月に予定していたキッズダンスコンテスト『新世界フライングキッズ』も中止と決まりました。

☆写真は以前に行われた新世界フライングキッズの様子

このように、新世界町会連合会が主催する夏のイベントは、概ね中止となります。

新型コロナウィルス感染防止対策を考える上で、多くの人が集まるイベントを開催することは、しばらくは難しい状況が続きそうです。

しかし、新世界の魅力を多くの人に知ってもらい、地域の活性化に繋がる企画は、多くの人を集めて盛大にするイベント以外にも、発想と工夫で実現できるものはたくさんあります。

こんな時だからこそ、いろいろと柔軟に考え、新しい取り組みが生まれるチャンスでもあるでしょう。

新世界夏祭りや新世界フライングキッズは中止になりましたが、新世界が活性化していくための活動に中止はありません。

今年の夏は、そのように自分自身に喝を入れながら、活動していきたいと思います。

そして来年の夏には、新世界夏祭りや新世界フライングキッズが盛大に開催できることを願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【『ギャラリー1616』が8周年を迎えました☆】

2012年7月、新世界では初めてのギャラリースペース『アトリエ1616』がオープンしました。

『ギャラリー1616』のインスタグラムに投稿されてましたが、今年7月1日、『ギャラリー1616』は、8周年を迎えました。

2012年7月といえば、新世界が100周年を迎えた時期で、ちょうどその時に、新世界に新しいジャンルのお店、アート空間『ギャラリー1616』がオープンしたことは、私にとっても印象深いものでした。

場所は通天閣から北へ約100m、新世界稲荷神社のすぐ近くです。

ア-トやデザインを通して、いろいろなクリエ-タ-さんの交流の場所を目指し、ギャラリ-、ワ-クショップ、アトリエとして、店内では様々な企画や展示が行われています。

新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言などの影響で、4月〜5月は臨時休業されてましたが、6月5日より、2ヶ月ぶりに展示会を再開しています。

『ギャラリー1616』では、感染予防対策として『大阪コロナ追跡システム』に登録してるそうで、任意ですが、ご協力お願いします。

また、2017年4月、「アトリエ1616」隣の路地に、貸しギャラリー「ROJIギャラリー1616」がオープンしました。

面積は約25平方メートル、もともとマンションの住居だったスペースを全面改装して、ギャラリーとしてオープンしたそうです。

「ROJIギャラリー1616」という名前の通り、確かに路地の中にあります。

7月からの展示会のスケジュールは、『ギャラリー1616』ホームページをご覧ください。

新型コロナウィルス感染拡大によって、延期になった展示会も7月〜8月に予定されているようです。
http://www.atelier1616.com

串かつ屋さんが並ぶ賑やかな新世界の南エリアとは違い、北エリアは、大阪の下町情緒が残る街並みが広がります。

その北エリアに位置する『ギャラリー1616』『ROJIギャラリー1616』は、多くのクリエーターの交流の場、芸術を通じて新世界に来てもらえるきっかけになる場でもあり、北エリアの中で貴重な存在になっています。

新型コロナウィルス感染拡大の第2波が心配され、新世界でもまだまだ観光客が戻っていない状況ですが、これからの新世界にとって、新世界の北エリアの活性化は重要です。

『ギャラリー1616』、そして『ROJIギャラリー1616』が、様々な展示会を通じて、これからも多くの人が集まる場として発展していくことを願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【7月3日は、新世界の108歳の誕生日です☆】

【7月3日は、新世界の108歳の誕生日です☆】

新世界にとって、7月3日は大事な記念日になっていますが、何の日か解りますか?

7月3日は新世界の誕生日であり、今年で新世界は108歳になります。

明治45年(1912年)7月3日に「ルナパ-ク」と言う遊園地がこの地に開園し、新世界の街の歴史が始まりました。

そして、2012年7月3日には、「新世界生誕100周年」を迎え、年間通して、様々な記念イベントが行われました。

当時は、新聞、テレビ、観光雑誌など、様々な形で新世界100周年が紹介され、全国的に新世界をPRすることができました。

新世界100周年のメインキャラクターに、キン肉マンが採用され、通天閣本通商店街には『新世界100周年キン肉マンプロジェクト』のバナーが並びました。

キン肉マンなどの等身大オブジェも作り、写真スポットになりました。

また、新世界の数々の店舗の企画では、新世界100周年を記念して『100歳以上の方、タダ』キャンペーンも実施しました。

新世界らしい、おもしろい企画で、数々の新聞で紹介されました。

実際、老人ホームから、100歳以上のお客さんが車椅子で来られたそうです。

インバウンドによる外国人観光客が増える前のことですが、新世界100周年を機に、日本全国から来訪者数が増え、多くの観光客で賑わいました。

地元である私にとって、新世界100周年を経験したことで、新世界の歴史を学ぶ機会にもなりました。

2022年には新世界が生誕110周年を迎え、2025年には大阪万博の開催が決まりました。

新型コロナウィルス感染拡大の第2波が心配され、今年は新世界を盛り上げるような大きなイベントなどは計画しにくいと思いますが、来年以降に向けて、新世界をより多くの人に知ってもらえるような取り組みが必要でしょう。

この数年で、新世界には新しい店舗が増え、働く人の世代も若くなっています。

新しい店舗のオーナーさん、スタッフの皆さんは、新世界100周年を知らない人達が増えています。

新世界100周年の当時、通天閣のすぐ下にある『ココモよってぇ屋 新世界店』、ホテルでは『東横INN 通天閣前』、『MEGAドン・キホーテ新世界店』などは、ありませんでした。

世間には様々な記念日がありますが、記念日の意義とは、ふだん忘れ去っている歴史や文化、その価値を記念日をきっかけに思い出し、再認識することができ、若い世代の人にとっては、『新たに知る』きっかけになる日でもあります。

記念日をきっかけに、その魅力を再発掘することもできるでしょう。

新型コロナウィルス感染が収束しない状況で、コロナ前のような賑わいには戻ってませんが、来年以降、新世界が再び活性化する起爆剤として、新世界110周年を盛り上げていけることを期待しています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界の最新情報やおもしろい情報を呟いてます。

※NOTE;
当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【ココモよってぇ屋 新世界店☆営業再開しています!】

通天閣のスグ下にある『ココモよってぇ屋 新世界店』は、新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が出されてから臨時休業してましたが、ようやく、6月26日(金)より営業再開しています。

久しぶりに、ココモよってぇ屋の南店長の元気な顔を見ました。

仕事中は、ずっとマスク着用だそうで、これから夏に向けてたいへんですね。

お客さんが交錯しないよう、出入口は、入口専用と出口専用に分けています。

お客さんには、手指のアルコール消毒もお願いしています。

レジーには、透明プラスチックボードを設置。

感染予防に努めながらの営業になっています。

ココモよってぇ屋のインスタグラムには、『アマビエ疫病退散プロジェクト』として投稿されてました。

アマビエは、江戸時代(1846年)、肥後国(熊本県)の海中から現れたとされる半人半魚の妖怪である。
「もし疫病が流行したら、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と言った、と伝えられていることから、妖怪アマビエには、疫病よけの言い伝えがあります。
新型コロナウイルスが国内で広がり始めた2月末、妖怪掛け軸の専門店が、アマビエのイラストを描いてSNS上に投稿したのがきっかけに、アマビエが広く知られるようになりました。
ココモよってぇ屋には、疫病退散プロジェクトとして、アマビエのグッズも豊富に並んでいます。

そして、今や大阪の顔といえば、吉村洋文知事でしょう。
吉村洋文グッズも豊富です。

記念に(何の記念か解りませんが)、吉村洋文クリアファイルを買いました。

さて、『ココモよってぇ屋 新世界店』の営業再開にあたり、南店長に話を聞きました。
新世界では、以前のような、キャリーバッグを持ちながら歩く観光客(外国人観光客も含む)は、皆無であり、ほとんどが大阪の人、一部、関西圏からのお客さんです。
徒歩圏内、自転車圏内、地下鉄圏内のお客さんが目立ち、新世界をブラブラ歩くついでにお店に入って来られるような感じです。
観光を目的にしているお客さんではなく、なかなか大阪土産を買う人は少ないのが現状で、賞味期限があるお菓子類などは、特に気を使います。
観光客ではないお客さんのニーズに合う商品展開も検討する必要があり、この状況を乗り越えていくしかないです。
と、おっしゃってました。

串かつ屋さんをはじめ、多くの店舗が営業再開してますが、しばらくは観光客が少ない状況が続くと思われます。
営業再開した店舗にとって、これからが本当の意味での正念場、この状況を何とか乗り越えてほしいと、切に願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【『大阪モデル』ライトアップ終了☆通天閣で消灯式が行われました!】

新型コロナウイルス対策の自粛要請と解除に関する基準「大阪モデル」の達成状況を3つの色で示すライトアップが6月30日夜、通天閣と太陽の塔で終了しました。

点灯は5月11日、要請解除へのカウントダウンを表す黄色で始まり、解除が決まった5月14日以降は緑が継続しました。

大阪府は周知目的を果たしたと判断し、ライトアップの終了となりました。

6月30日 20時より、通天閣の地下わくわくランド内で消灯式が行われました。

消灯式には、大阪府の吉村知事、通天閣の高井社長、ビリケンさん、大阪府のキャラクター『もずやん』が参加。

一般の人は消灯式を見ることができなかったので、どのような消灯式か全く解りませんでした。

と、言いたいところですが、

実は、通天閣オフィシャルのインスタグラムでは、消灯式の様子をインスタライブで視聴することができました。

家族全員、スマホを持って、インスタライブで消灯式の一部始終を見ることができました。

吉村知事が登場した際、高井社長とエアーハグをするところから始まり、感謝状の授与、トークコーナー、ビリケンさんの足の裏に新型コロナウィルスの終息を願いエアータッチを行いました。

通天閣の高井社長は「最初、協力の要請は寝耳に水、めちゃぶりでしたが、大阪を元気にするために協力することに決めました」とあいさつ。

吉村知事は「暗いトンネルに明かりをともしてくれた」と述べました。

『大阪の人が二人で話をしたら、まるで漫才のようになる』という話を聞いたことがありますが、
吉村知事と高井社長のトークでは、さすが大阪人らしく、ユーモアを交えながら、息もピッタリでした。

大阪府は感染が今後拡大した場合、府民に警戒を促す黄色の点灯を再び依頼することも視野に入れるが、吉村知事は「感染症に警戒しながら大阪を元気にしていきたい」と語られました。

また、高井社長は吉村知事に、来年2月に開催予定である通天閣の恒例行事『節分豆まき』に参加してほしいと懇願し、吉村知事から『是非、参加させていただきます』という言葉をいただきました。

大阪府は感染再拡大に備えて大阪モデルの修正案を検討中で、7月中旬に新たな指標を決める予定だそうです。

最後になりましたが、

日々、通天閣オフィシャルのインスタグラムへの投稿を頑張り、今回は消灯式の様子をインスタライブで発信してくれた通天閣のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

これからも通天閣の魅力を多くの人に届けてほしいと期待しています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

★当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【深夜の新世界を見てまわり、つくづく思うこと☆】

6月24日、通天閣観光株式会社の株主総会があったのですが、私は寝坊してしまい、出席することができませんでした。

出席した人に聞くと、20分ぐらいで終わったとか。

お土産の菓子包だけでももらいに行きたかったと残念に思う今日この頃です。

さて、午前中に開催された株主総会にも寝坊するぐらい、私は深夜型です。

仕事が済んでから、一カ月に一回、町内会の掲示板に浪速区役所から配布されたポスターを貼るのが、私の役目です。

深夜、事務所から家に帰るとき、しみじみと新世界の様子を見てまわります。

朝日劇場の1階にある回転寿司『六鮮』は、緊急事態宣言が出されてから、長い間、休業してましたが、7月1日から営業再開みたいです。

新型コロナウィルスが収束していない状況の中、通天閣本通商店街では建築工事が進んでいます。

しばらく見てなかったうちに、完成に近づいているようです。

どんな店舗になるのか解りませんが、新たな店舗ができるのは、商店街にとって、明るい話題でしょう。

4月、緊急事態宣言が出されているとき、阪神高速 恵美須町の入口付近、『不要不急の外出は自粛』という文字が目立っていました。

現在、『不要不急の外出は自粛』の文字は消えています。

新型コロナウイルス感染症に関する自粛要請・解除及び対策についての大阪独自の基準『大阪モデル』は、この日も安全基準をクリアし、通天閣では緑色にライトアップされてました。

深夜でもライトアップしてくれているのが嬉しく思います。

7月に向かって、新世界でも営業再開する店舗が増えていますが、コロナ前には、24時間営業いた串かつ屋さんは、現在、深夜には閉店しています。

以前のように、本格的に街が動き出すのは、もうしばらくかかりそうですね。

『もとに戻るのは、来年になるやろう』という店主さんもおられますが、一日も早く、多くの観光客で賑わいのある新世界に戻ることを願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【営業再開する店舗が増える中、閉店が決まった店舗もあります☆】

深夜、『ジャンボ釣船 つり吉』の前を通ったら、何やら大きな作業車が止まっていて、給水作業をしていたようです。

新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言もあり、しばらくの間、休業を続けてましたが、関係者によると、近日中に再オープンするようです。

以前、私も行ったことがありますが、自分で釣った魚を料理してくれるお店です。

店内の大きな水槽に泳いでいる魚、私の場合は、鯛を釣り上げ、鯛の握り寿司と塩焼にしてもらいました。

ファミリーでも楽しんでもらえるでしょう。

また、通天閣の足元にある『喫茶ドレミ』も再オープンしています。

常連さんだけでなく、最近は、インスタグラムなどを見て、若い世代の女性客も増えています。

下の写真の通り、営業時間は少し短縮しているようです。

また、5月下旬ぐらいから、『タピオカセンター&可愛いギャラリー』も再オープンしています。

台湾本場タピオカミルクティー、お茶の味もしっかりある、オススメのお店です。

緊急事態宣言が解除されてから、現在では、県をまたいでの移動も解禁になり、営業再開する店舗が増えてきました。

そんな中、ふぐ料理専門店『づぼらや』の閉店が決まり、新聞やテレビのニュースでは、『づぼらやのフグの看板がどうなるのか?』という話題が度々、報じられています。

読売新聞(6月22日/夕刊)にも大々的に掲載されました。

また、新聞やテレビのニュースによると、大阪の名物でもあるフグの巨大看板について、大阪市の松井一郎市長は、6月23日、道路法に基づく市の基準に違反することを黙認してきたことを明らかにした上で、残す方法を検討する考えを示されました。

休業中のづぼらやは9月に閉店する予定だが、維持管理できる責任主体がはっきりすれば「対応を考えたい」と述べたそうです。

しかし、フグの看板がどうなるのか、まだまだ解らない状況ですが、なんらかの形で、大阪名物でもある『フグの提灯』を残せる可能性に期待したいと思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【通天閣はセレッソ大阪を応援しています☆】

「コロナに負けない、元気な大阪」、通天閣とサッカーJ1、セレッソ大阪は6月15日、セレッソ大阪の森島社長や清武、柿谷両選手のほか、藤本康太、キム・ジンヒョン両選手が駆けつけ、ビリケンさんに「セレッソ大阪必勝祈願」を行いました。

必勝祈願は、3密(密閉・密集・密接)を避けるため、場所を通天閣庭園に設け、告知なしで行われるなどの配慮がとられましたそうです。

また、セレッソ大阪は今年のユニホームに通天閣の「骨組み」をイメージしたデザインを採用している縁などから、15日からは通天閣のスタッフもセレッソ大阪公式背番号Tシャツを着て業務を行っています。

セレッソ大阪のユニホームは、特に、女子スタッフに大好評みたいです。

『通天閣はセレッソ大阪を応援しています』というメッセージも貼られています。

展望エレベーター乗り場には、必勝祈願に来られたセレッソ大阪の選手達の直筆サインも。

検温ブースにもセレッソ大阪のタペストリーがあります。

さて、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言などの影響で、お土産物の流通も滞ってしまい、賞味期限が迫り、お土産物を取り扱う業者さんへの救済策として、通天閣地下わくわくランドでは、『SOS お土産 救済セール』を実施しています。

大阪土産だけでなく、近江や神戸のお土産も並び、30%〜70%OFFで販売しています。

その中に、串かつソース味、阪神タイガースうまい棒も大幅値引きで販売してました。

阪神ファンの私は、迷わず購入、食べてみると、ハマりそうなぐらい美味い。

大阪を元気にするためにも、セレッソ大阪、そして、阪神タイガースに頑張ってもらい、良い成績を収めてほしいと期待しています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【新世界を元気に、大阪を元気に、日本を元気に☆素晴らしい動画が完成しました!】

以前、当ブログで「STEEL PUNK」(スチールパンク)というエンターテイメント集団のことを紹介したことがあります。

STEEL PUNKは、2017年11月に発足、「エンタメの可能性をもっと身近に」を提供していこうと活動されています。

劇団という形は取らず、ダンサー、舞台俳優、声優、アクションスタントマンなど、各方面のスキルを持つ仲間が集まり市民向けのワークショップや舞台出演の場を提供しています。

エンターテイメントを使った企画、演出、撮影、YouTubeなどの映像企画、裏方やスタッフ、衣装、小道具まで、いろんなお手伝いもしてくれるそうです。

たまに、BUMGA CAFE で、STEEL PUNKの皆さんの打ち合わせが行われる時があります。

写真の左奥の方が、STEEL PUNK の「かいざ」さんです。

かいざさんは、これから新世界をもっと盛り上げていけるような、おもしろい企画を考えていきたいとおっしゃってました。

ブログで紹介したのが、2020年2月21日の記事でした。

まだその頃は、日本では、新型コロナウィルス感染拡大が懸念されているような雰囲気で、外国人観光客が減ってきて、新世界の各店舗でも暇になったと、ぼやいてたように思います。

私も含め、新型コロナウィルス感染拡大について、それほど危機感がなかった時期でした。

4月になり、緊急事態宣言が出され、世の中の状況が一変しました。

おそらく、「STEEL PUNK」の皆さんも、仕事面でも多大な影響があったと推察します。

そんな中、「STEEL PUNK」の皆さんは、新世界を元気に、大阪を元気に、日本を元気に、そんな気持ちを込めて、動画を作ってくれました。

https://youtu.be/hKXDZSNe9Ms
新型コロナウィルス covid-19 皆頑張ろう! Let’s try our best! My friends all around the world!
映像制作会社のメモリーズcompanyと申します。 悔しく、辛く、悲しい、それが世界中に蔓延する状況ですが、前を向いて歩いていきましょう!僕たちは沢山の方に生かされているんだから! この作品で、1人でも多くの方の気持ちが、、、少しでも軽くなって頂けたなら幸いです! 皆さん、頑張りましょう! ご視聴ありがとうござい…
リンク
www.youtube.com

新世界のいくつかの店舗で撮影され、撮影や編集の技術も高く、すごくかっこいい動画です。

動画を観た新世界の地元商店主さんらは、元気と勇気をもらえたと感動されてました。

世界の多くの国では、新型コロナウィルスは、まだまだ終息する気配はなく、日本でも、いつ第2波、第3波がやってくるか気掛かりな状況が続いています。

そんな中でも、前向きに、笑顔と元気で、この状況を乗り越えていくことで、私達にとって明るい未来が見えてくるでしょう。

素晴らしい動画を作っていただいた「STEEL PUNK」の皆さんに感謝します。

本当にありがとうございました。

そして、これからも新世界、大阪を盛り上げていけるようなおもしろい企画を楽しみにしています。

■ STEEL PUNK のホームページはこちら。
https://steel-punk.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

★当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【今月も『新世界着物day』が開催されました☆】

毎月第3日曜日は『新世界着物day』です。

『新世界着物day』は、着物や和装で気軽に新世界を楽しもうという趣旨で行われています。

格式に従った伝統的な着物だけでなく、大正・昭和に流行ったモダン・レトロ着物ファッション、戦国・江戸時代の古典ファッション、現代アニメの和装ファッション、それに、思い思いのオリジナル和装ファッションもOKです。

和装とは、参加者が和装と思うファッションであれば、OKだそうです。

4月の新世界着物dayは、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言中で、中止になりましたが、5月から再スタートし、6月21日(日)にも新世界着物dayが行われました。

今や新世界に根付いた企画である『新世界着物day』には、幾つもの店舗が協力しています。

新世界着物dayに参加した方には、下のようなクーポン券がプレゼントされるそうで、クーポン券を使って、いろんなお店を巡り、新世界を満喫することができるでしょう。

クーポンが使えるお店の一部を紹介します。

☆タピオカセンター&可愛いギャラリー

☆通天閣本通商店街にある射的

☆串かつ 盛隆軒

☆BUNGA CAFE での交流会

新世界着物dayは、15時にビリケン神社、づぼらやのフグの提灯あたりに集合し、記念写真を撮ります。

下の写真は、5月に開催した時の写真ですが、今回は10人を超える参加があったそうです。

『づぼらや』が閉店することになり、もし、バックに写っているフグの提灯が無くなってしまうことになれば、写真スポットとしても寂しくなりますね。

新世界着物dayを通じて、新世界に馴染みを持った人もおられるようで、多くの人に新世界に親しんでもらえるきっかけにもなっているようです。

新世界着物dayが、ますます新世界に根付き、文化のひとつになることを期待しています。

☆新世界着物day関連SNSリンク

Instagram
URL: https://www.instagram.com/shinsekaikimono
キーワード: shinsekaikimono

Twitter
URL: http://twitter.com/day11058572
キーワード: 新世界着物day

Facebookページ
URL:https://www.facebook.com/kimono.wabikae/
キーワード: 和美換 着物

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。