クラウドファンディング

ブログ

【雨の日の新世界とインバウンド効果について☆】

6月21日(火曜)、雨の新世界は人通りも少なく、お店にとって平日の雨は厳しいと思います。

人通りが少ない瞬間を撮ったので、実際にはもう少し人通りはありましたが。

新世界は地下鉄、JR、阪堺電車、南海電車などの駅に囲まれた街で、交通の便はかなり良いエリアです。

しかし、天王寺や難波のようなターミナル駅ではなく、雨でも台風でも学校や仕事に行くために新世界を通る必要はない、要するに、新世界は雨に弱い一面があります。

雨の日、いつもより暇なBUNGA CAFEでは、うちの息子がアクセサリー制作に励んでました。

BUNGA CAFEらしく、海をイメージしたデザインのネックレス、アンクレット、ミサンガ、キーホルダーなど。

実は、ちょこちょこ売れてるんです!

コロナ前には新世界および周辺地域に多くの宿泊施設ができ、長期滞在する外国人観光客もおられたり、雨の日でも人の動きはあったように思います。

インバウンドの外国人観光客が多い時期は、お店にとっては、平日の底上げに繋がり、雨の日の落ち込みも少なくなっていたように感じます。

さて、コロナ禍が続き、新世界および周辺地域の宿泊施設も大打撃を受け、休業や廃業が目立ちました。

そんな中、通天閣本通商店街に、最近、営業を再開したホテルがあります。

『大阪えびすホテル』といって、コロナ前には外国人観光客がキャリーバッグを転がしながら出てくる様子をよく見ました。

あらゆる業種が活気付くには、インバウンドの復活は大きな要因になるでしょう。

インバウンド復活を期待したいと思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【読売放送 特別番組『中谷•黒木×TEN キシャ目線』を観て☆】

先日、6月19日(日)15時〜
読売放送 特別番組『中谷•黒木×TEN キシャ目線』で、アフターコロナを見据えた観光戦略として新世界の動きが紹介されました。

ご覧になられた方もおられるかと思います。

番組名に"キシャ目線"という言葉が入っるように、取材を続ける記者たちが伝えたいニュースをたっぷり伝えています。

先日もブログで紹介しましたが、撮影と取材が新世界で行われました。

撮影前の打ち合わせに、コロナ前〜コロナ禍〜コロナ後の新世界について、記者が取材に来られましたが、具体的な撮影ポイントはなく、コロナ禍を経験して私が感じたことを話したところから始まりました。

放送日は日曜日だったので、仕事の都合上、録画で観せていただきました。

BUNGA CAFE、Willows Hotel 大阪新今宮、ライブスペース『ON AIR L7』の取材を通じて、コロナ前〜コロナ禍、そして将来に向けての変化と取り組みなどが紹介されました。

コーナーの途中、北陸地方で地震があり、一部、映像が切り替わったところもありましたが、概ね予定通り、放送されたようでした。

写真は番組を観た人からいただきました。

コロナ禍、人が集まることも無くなり、人どうしが疎遠になる傾向が続きました。

みんなが苦しい時期だったし、先行きが見えない状況でした。

そんな中で、苦しい時に協力してくれたり、協力し合ったり、そこに新しい繋がりが生まれ、お互いが苦境を乗り越えるために頑張っていこうという気持ちになりました。

コロナ禍を通じて、人の繋がりの大切さを実感し、人の繋がりこそお金では買えない財産だと思いました。

番組内でも人の繋がり、人情を大きくクローズアップして紹介していただきました。

番組で生中継されたように、日曜日の新世界には観光客も戻り、賑わいも戻ってきています。

いずれ、インバウンドに外国人観光客も増えていくでしょう。

街が賑わい、店が忙しくなっても、基本にあるのは人の繋がりであり、どんな時も忘れてはいけないことだと思う今日この頃です。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【NET FM358 ☆コロナ禍、人と人が繋がりを再構築する場に!】

昨年11月、新世界にある音楽事務所『CROSS CULTURE RECORDS』のスタッフの方が、一枚のチラシを持ってきてくれました。

チラシには、『NET FM 358 サテライトスタジオ大作戦』と記載されてました。

新世界にある『お洒落隠れ家 Billi Ken 358』にサテライトスタジオができるということで、すぐに見に行きました。

ちょうどスタッフの方々がスタジオを作っておられました。

完全に手作りだそうで、完成までに時間がかかったそうです。

『お洒落隠れ家 Billi Ken 358』では、普段から、アーティストによるライブなども開催されてますが、現在では、その一角がNET FM358のサテライトスタジオとして、アーティスト達を中心に情報発信をしています。

毎日、幾つかの番組が放送されているようで、今ではアーティスト達にとって貴重な情報発信基地として機能しているようです。

さて、NET FM358 では、新世界の情報ブログにも登場してお馴染みの美空ちゃんの番組もあります。

『みくの!あした天気になぁ~れ!』
毎週 水曜日21:30~の30分 生放送

です。

ふだんは一人でマイペースにお喋りしている番組ですが、昨日、6月15日(水)生放送に、新世界町会連合会 会長として私がゲスト出演させていただきました。

本格的なラジオ局という雰囲気はなく、小さな部屋でお喋りしてる感覚のスタジオなので、緊張せずに喋ることができました。

ラジオ出演することで、個人的には、話をまとめる、会話の対応能力、言葉でしっかりと情報発信することなど、いろいろ勉強になり経験になります。

これからもゲストに誘っていただいて、自分なりにも勉強していきたいと思ってます。

この日、NET FM358の取材に毎日新聞の記者が来られていて、スタジオ内で写真を撮られてました。

そんな中で、パーソナリティーの美空ちゃんも少し緊張気味でしたが、しっかりと新世界の情報発信もできたと思います。

自分自身が出演しているので、写真を撮ることができず、外で見ているスタッフに写真を撮ってもらいました。

サテライトスタジオの前からはライトアップされた通天閣が見えて、新世界らしさを感じながら情報発信できるという最高のロケーションです。

NET FM358を運営する『CROSS CULTURE RECORDS』の社長さんによると、これからは新世界の人達とも繋がりを深め、新世界の情報発信基地になれるような企画を進めていきたいとおっしゃってました。

コロナ禍、人と人の繋がりが希薄になっている中、NET FM358が人との繋がりを再構築する場になれば素敵なことだと思います。

また、NET FM358に出演するアーティスト達と地域の人達やお店、新たな繋がりができる場でもあるでしょう。

これからの展開が楽しみであり、期待しています。

放送分はYouTubeでもご覧になれます。

是非、ご覧ください。

NET FM358専用チャンネル
https://m.youtube.com/channel/UCeacIG4ymtn3pV2zyEzXa5w/featured
NETFM358
NET FM 358とは、世界的に大流行した新型感染症によりミュージシャンが発表の場を奪われた経験から、音を止めないためには気軽に発信できる場を作ろうと、ミュージシャン達によって作られたサテライトブースおよびネットコンテンツ群です。音楽を愛する人達だけでなく、クリエイターや近所のお店など、様々な情報をお届けすることを目指しています。
リンク
m.youtube.com

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【ココモよってぇ屋 新世界店の店長さんに現状を聞きました☆】

先日、『ココモよってぇ屋 新世界店』のインスタグラムを見ていて、気になる商品があったので、ちょこっと立ち寄りました。

その商品とは、通天閣のプラモデル!

ネット検索してみたら、下記のように紹介されてました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪のシンボルタワーといえば「通天閣」! 
1/800スケールでモデル化しました。

今回は多色発光型LEDライトが付属し賑やかに、かわるがわる通天閣を光らせます。

通天閣の足もとに広がる新世界は、様々な現地の店舗をステッカーで再現しました。

スイッチと電池ボックスが組立て済み、また部品ははめ込み式なので接着剤なしで簡単に組み立てられます。

全パーツ部品は彩色済みで、新世界の店舗はクリアパーツにステッカーで再現します。

(クリアパーツ使用なので、下側より光を入れればクリアの部分から光が漏れ、夜の繁華街を演出します。)

LEDライトは今回初めての多色発光型を使用します。

色がかわるがわる変化し、賑やかな通天閣を再現。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通天閣でけでなく、周辺の街並みもプラモデルで再現できるのがおもしろいですね。

さて、ゴールデンウィーク、それ以降、土•日曜日を中心に新世界に賑わいが戻ってきました。

串かつ屋さんを含め、飲食店ではコロナ前の忙しさに近い状況に戻ってきたという話を聞くことがありました。

ココモよってぇ屋の店長さんに、最近の状況を聞いてみました。

コロナ前、インバウンドのお客さんが多い時期に比べると、まだまだお客さんは少なく、大阪、及び関西圏からのお客さんの割合が多いようです。

飲食店とは違い、お土産物店は純粋に観光客がターゲットになり、観光客という面でコロナ前の状況には戻ってないようです。

また、修学旅行は少しずつ復活してきてるようですが、コロナ前は新世界で自由散策するスケジュールが多かったので、お土産物店にも多くの修学旅行生が立ち寄ってくれたのですが、今は自由行動が少なくなっている傾向があるようです。

コロナ禍における社会的な制限はほとんど無くなってきてますが、2年を超えるコロナ禍、多くの人の意識は以前のようには戻ってないのが解りますね。

これから少しずつ外国人観光客も戻ってくるでしょう。

大阪、関西圏、そしてコロナ前のように遠方からの観光客、外国人観光客でごった返す新世界になることを願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【新世界の街並みは変わっても、今も変わらない新世界の根っこを感じます☆】

街は変わるもの、十年一昔といいますが、新世界はこの2〜3年だけでもかなり変わりました。

インバウンド効果、そしてコロナ禍、これからはコロナと共存する社会になりそうですね。

新世界は、大阪を代表する観光エリアとして認知され、多くの観光客が訪れています。

今年4月、『JR新今宮駅』横には、『OMO7 大阪by星野リゾート』がオープンしました。

今年5月、通天閣ではタワースライダーがオープンしました。

下の写真のように、現在、通天閣からスパワールドまで一本の広い道で繋がってますね。

しかし、旧フェスティバルゲート(現在のマルハン新世界店、ドンキホーテ新世界店がある場所)やスパワールドができる前、今から25年以上前は、通天閣から伸びた道は『串かつ横綱』あたりで行き止まりになってました。

フェスティバルゲート、スパワールドがオープンに合わせて、通天閣から両施設が一本の道で繋がりました。
要するに、『づぼらや』や『横綱』のあたりは十字路ではなく、T字路でした。

もちろん、当時は串かつ横綱はありません。

当時、大阪市としての大きな開発事業でしたが、このことを知っている人はかなり少なくなってきました。

私は新世界で生まれ育ち、今年で59歳になりました。

ブログでも書いてきたように、約半世紀、新世界は変わり続け、これからも変わり続けていくでしょう。

さて、下の写真は、通天閣本通商店街にある森本文具店の店主さんと私の母親の井戸端会議の風景です。

2人とも戦前生まれ、80歳代後半になりますが、今も仕事もしていて元気です。

賑やかな新世界、観光エリアとしての新世界がクローズアップされることが多いですが、高度経済成長期からバブル期、働き詰めで、これまでの新世界を支えてきた世代の方です。

2人の井戸端会議を見て、新世界の街並みが変わっても、今も変わらない新世界の根っこを感じました。

感謝と敬意の気持ちと、いつまでも元気に過ごしてほしいと心から思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【"新世界への限りなく深い愛"を感じる言葉☆】

新世界と隣接する天王寺動物園、写真のように道路に沿って柵が延びています。

気がついてる方もおられると思いますが、柵には動物の絵が描かれています。

写真のように、斜めから見たら動物の絵が浮かび上がりますが、柵を正面から見たら、動物の絵は見えないようになってます。

天王寺動物園と新世界あの境界となっている道路の上には、阪神高速道路松原線が走っています。

先日、阪神高速道路の担当者が来られて、このあたりの高速道路の脚の補修工事を始めるという説明をされました。

一ヶ所だけでなく、数百メートルの範囲で一脚ずつ補修工事をするそうで、足場を組む期間とか含めると、トータルで2年以上かかるらしい。

安全管理のため、補修工事は大事なことです。

町内会でも回覧しました。

さて、天王寺動物園 新世界ゲートのすぐ近くに、理髪店『喜楽』があります。

以前、このシャッターの前で写真を撮っていた方を見かけました。

昭和レトロ、味のあるシャッターですね。

天王寺動物園を目の前に眺めながら、私が生まれる前から理髪店をされてきました。

私が赤ん坊の時、私の親が『今、寝てるから、今のうちに散髪してください』と電話をして、喜楽のマスターが家に来て、私が寝てる間に散髪をしてくれたそうです。

赤ん坊の時のことで、私は全く覚えてませんが、幼少期よりお世話になった散髪屋さんです。

今や新世界は大阪を代表する観光エリアとして、多くの観光客が訪れる街になりました。

コロナ前は、外国人観光客でいっぱいでした。

街が様変わりしていく中でも、私が生まれる前から、新世界がガラが悪い、怖い街と言われた時代から、理髪店一筋に生きてこられました。

それに天王寺動物園の変貌もずっと見て来られました。

何年か前、天王寺動物園の新世界ゲートの公衆トイレの前にあったゴミ箱が無くなっているのを見つけて、私に連絡が入り、ゴミ箱を戻してもらうよう天王寺動物園にお願いしたこともありました。

毎月、町会費をもらいに『喜楽』さんに立ち寄ります。

店主さんは高齢で、現在は営業時間も短くしてるそうです。

町会費の集金のたびに、昔の新世界や天王寺動物園のことを教えてくれます。

喜楽のマスターは『俺が生きてるうちに、君に天王寺動物園のこと、新世界のことをいろいろ教えていくから、よく覚えとくように。俺しか知らんこともあるからな』と言いながら、これまでにもいろんなことを教えてもらいました。

"今の新世界にはついて行けん!”という喜楽のマスターの言葉には、頑固すぎるけど、新世界への限りなく深い愛を感じます。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【電脳ピーチカフェ倶楽部 萌え抜け2022☆】

6月2日(木)、新世界にあるライブスペース『 新世界ONAIR L7』にて、『電脳ピーチカフェ倶楽部 萌え抜け2022』が開催されました。

これは、新世界を活動拠点とする音楽事務所『CROSS CULTURE RECORDS』によるアイドルイベントで、お客さんの投票によって勝敗が決まるという勝ち抜きイベントになっています。

昔から新世界は大衆演劇、演歌、歌謡ショーなどの文化が根付いてきました。

その新世界でアイドルイベントが開催される、新しい世界が生まれることになりました。

新しい世界、まさに『新世界』ですね。

そんなわけで、主催者とも相談し、新世界町会連合会の会長である私が審査員をしてみようという話になりました。

ちなみに、慣れない場所での挨拶はど緊張でした。

勝ち抜きイベントということで、会場は多くのファンが集まり熱気がありました。

審査員席から観ていて、若きアイドル、シンガーの皆さんの元気が伝わってきました。

楽しいイベントでした。

この日は、『CROSS CULTURE RECORDS』所属の美空ちゃんが優勝しました。

美空ちゃんのステージを見て、緊張感と一生懸命さが伝わってきました。

美空ちゃん、優勝おめでとうございます。

その他にも、一際、存在感があったグループもありました。

主に関西で活動している
ダンスボーカルユニット
Glitter Fizz(グリッターフィズ)

ライブ後、挨拶させていただきました。

これからますますの活躍を期待しています。

この日、初めて審査員として参加しましたので、しっかりネクタイを締めて席に座りましたが、次回からラフな服装、夏は海に行くような服で参加しようと思います。

若い人達が元気いっぱい、夢に向かって頑張る姿は素晴らしいですね。

チャンスがある街、チャレンジできる街、夢を掴む街、新世界。

新世界は若きアーティスト達を応援しています。

次回、『電脳ピーチカフェ倶楽部 萌え抜け2022』は、6月22日(水)に開催予定だそうです。

私も審査員として頑張りたいと思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【通天閣頂上に旗を掲揚して"ラブライブ!スーパースター!!を応援します☆】

写真は、6月4日(土)の新世界の様子です。

賑わいが戻ってきました。

この上にインバウンドの外国人観光客が戻ってくれば、コロナ前の状態に戻るでしょう。

ついに、コロナと共存の時代になってきたように感じる今日この頃です。

通天閣への入場に長蛇の列ができてました。

通天閣のスタッフによると、展望台へのお客さん、タワースライダーのお客さん、それに、『ラブライブ!スーパースター!!』のお客さんで長蛇の列になったらしい。

『ラブライブ!スーパースター!!』は、大阪・通天閣より、「2nd LoveLive! ~What a Wonderful Dream!!~ with Yuigaoka Girls Band」、
そして「LIVE & FAN Meeting Tour ~Welcome to Yuigaoka!!~」の開催を記念したフラッグ掲揚と展望台コラボ・グッズ販売を実施しています。

私、詳しくないので、通天閣公式ホームページにあるリリース文を貼りつけておきます。

通天閣のてっぺんには写真のような"ラブライブ スーパースターのフラッグが風になびいてます。

この日、通天閣で行われている"ラブライブ!スーパースター!!"の企画には多くの人が来られ、新世界には経済効果もありました。

通天閣では、タワースライダーだけでなく、絶え間なく新しい取り組みを展開しています。

"ラブライブ!スーパースター!!"興味がある方は、通天閣公式ホームページをチェックして、是非、通天閣にお越しください。

■通天閣公式ホームページ
https://www.tsutenkaku.co.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【今年の新世界夏祭り『だんじり•神輿』巡行について☆】

昭和22年頃、新世界町会連合会が発足し、昭和28年前後には、同会が主催となり新世界内での『だんじり・神輿巡行』が行われるようになったと聞いています。

この巡行は、廣田神社の夏祭りの一環で、毎年7月22日に新世界夏祭りとして開催されています。

私が子供の頃、地元には多くの子供達がいて、新世界夏祭りに参加する子供達も多く、子供太鼓の打ち手には、規定の人数をはるかに超える子供達が集まり、くじ引きで打ち手を決めていた時代もありました。

しかし、少子化や商店主の高齢化などの影響で、新世界夏祭りの規模も小さくなり、衰退していた時期もありました。

そんな中、新世界夏祭りを盛り上げていくために、地元の人達だけでなく、外部からの参加者も募り、年々、巡行の規模が大きくなり、賑やかな祭りになってきました。

写真はコロナ前(2017年、2018年)の新世界夏祭りの巡行の様子です。

しかし、コロナ感染拡大により、2020年、2021年は廣田神社からの御渡りも中止(神社内での祭礼のみ実施)となり、新世界夏祭り巡行も中止になりました。

さて先日、新世界町会連合会の役員会、総会が行われました。

いつも、町の会議は、通天閣のすぐ下にある新世界会館の会議室で行います。

昨年度の会計報告など、いくつかの議事がありましたが、時期的に、新世界夏祭りの取り組みについても検討しました。

夏祭りに伴う廣田神社からの御渡り(巡行)は、今年も行わないことが決まったそうで、廣田神社の夏祭りのイベント『こどもえびす』も中止と決まったそうです。

それに伴い、新世界夏祭りの巡行も行わないことに決まりました。

コロナ禍、感染対策は必要であり、酷暑の中、マスク着用での巡行は、現実的に難しく、また、7月の感染状況が読めないところもあり、総合的に状況を鑑みて中止となりました。

ただし、3年近くの間、倉庫にしまっていた太鼓や神輿を外に出し、整備することも必要で、7月22日〜25日まで、通天閣下に展示することになりました。

3年続いて新世界夏祭り『だんじり•神輿巡行』が中止になるなんて想定外ですが、来年こそは巡行が復活することを願っています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【7月3日は新世界の誕生日☆2023年は新世界111周年!】

7月3日は新世界にとっての記念日です。

さて、なんの日か解りますか?

いつもブログを読んでいただいてる方なら、今更という話ですが、7月3日は新世界の誕生日なんです。

今年、2022年7月3日は新世界の110歳の誕生日です。

1912年7月3日、初代通天閣を中心にした新世界ルナパークが開園し、その日を新世界の誕生としています。

7月3日といえば、梅雨の真っ最中です。

聞くところによると、ルナパークが開園した日も雨だったそうです。

また、新世界100周年を迎えた2012年7月3日も雨が降ってたように記憶しています。

本来なら、記念すべき110周年を盛り上げるイベントなどを進めているはずでしたが、2年以上続くコロナ禍、なかなか企画を検討する状況ではなく、心苦しく思っています。

しかし、来年2023年には新世界111周年を迎えます。

ゾロ目の111周年、何かおもしろいことができそうですね。

というわけで、先日、新世界町会連合会の会議で、新世界111周年実行委員会を立ち上げ、新世界の商店街や店舗、観光施設とも連携し、111周年に向けての周知活動、イベント企画などを検討していきたいと思っています。

コロナ対策のための制限などが少なくなり、少しずつ正常な状況に戻りつつありますが、まだまだ感染防止対策な必要です。

ましてや短い期間で、111周年に向けてどれだけのことができるのか解らない部分はありますが、できる範囲で検討を進めていきたいと思います。

7月3日は新世界の誕生日。

2023年は新世界111周年。

記憶の片隅に置いてもらえたら嬉しいです。

新世界の歴史、成り立ちについては下記ホームページをご覧ください。

■https://shinsekai.jp/history
新世界今昔物語 | 新世界公認ホームページ【the fit shinsekai】
リンク
shinsekai.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。