クラウドファンディング

2020年 9月 の投稿一覧

【『BUNGA CAFE』での中村美優ミニライブが盛況に終わりました☆】

9月19日(土曜)、通天閣本通商店街にある『BUNGA CAFE』で、中村美優(あさひめ)のミニライブを開催しました。

新世界日活という映画館をリニューアルして、『新世界シアター朝日』としてオープンしたのをきっかけに、演歌や昭和歌謡を歌うアイドルグループとして『あさひめ』が誕生、そのメンバーの一人が中村美優ちゃんで、現在は、『あさひめ』というユニット名を残しながら、中村美優として活動しています。

新型コロナウィルス感染拡大により、今年3月頃から、各種イベント、音楽ライブなどが中止になり、中村美優ちゃんのお仕事も全てキャンセルになりました。

5月10日に予定していた中村美優ワンマンコンサートも中止になり、ファンの前で歌う機会が無くなっていたようです。

感染防止対策に努めながら、小規模な歌謡ショーを開催できる方法を模索していたところ、BUNGA CAFEを貸切にしてミニライブを開催することになりました。

音響面では、新世界にある音楽事務所『CROSS CULTURE RECORDS』さんに全面協力していただいたました。

ミニライブ当日、ハワイアンな雰囲気の『BUNGA CAFE』は、演歌 • 歌謡ショーの会場になりました。

『CROSS CULTURE RECORDS』のスタッフの方も音響機器の準備をしています。

来場者には、手指のアルコール消毒、検温を実施、マスク着用、会場は扉を開けて、換気にも気をつけました。

ミニライブは、感染防止対策のため少人数制にして、14時、15時、16時の3回行い、できるだけソーシャルディスタンスを取って席を用意しました。

また、ライブ中の声援などは禁止して、手拍子やタンバリンで盛り上げました。

お客さんの中には、3回通しチケットを購入して、最初から最後までご覧になった方もおられました。

中村美優ちゃんは、演歌、歌謡曲、それに洋楽も織り混ぜながら、1回につき8曲、3回で24曲を熱唱しました。

中村美優ちゃんによると、ファンの皆さんの前で歌うのは、約6ヶ月ぶりだそうで、すごく楽しくライブができたようです。

アットホームな雰囲気の中、ファンの皆さんの笑顔に包まれて、BUNGA CAFEでのミニライブは盛況に終わりました。

今回のミニライブの様子は、大阪日日新聞さんの取材も入り、中村美優ちゃんも取材に応えています。

多くの人を集めるイベントは計画し難い状況が続いてますが、中村美優ちゃんのミニライブは、新型コロナウィルスによる世間の状況が良くなるまで、BUNGA CAFEで定期的に開催していきたいと考えてます。

最後になりましたが、音響面で協力していただいた『CROSS CULTURE RECORDS』さんには感謝しています。

皆さん、本当にありがとうございました。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【『むんむのやってるデー!フライデー!』にゲスト出演☆Q&A】

9月18日(金)、ラヂオきしわだ 79.7MHz『むんむのやってるデー!フライデー!』に、新世界でダンス動画制作をしているMEGUMIさんがゲスト出演しました。

『ラヂオきしわだ』放送局に入る時には、手指のアルコール消毒、検温もします。

生放送直前、打ち合わせも真剣です。

MEGUMIさんにとって、ラジオ番組への出演は初めてだそうです。

新世界での活動の大先輩であるシンガーソングライター むんむがパーソナリティを務める番組でもあり、ちょっと緊張気味でしたが、楽しいトークで、あっという間の1時間でした。

実は、ゲスト出演にあたり、むんむから事前に、Q&Aで、生放送で質問する内容を送ってきます。

当日は、もっと多くの質問があり、アドリブもありますので、あくまでも基礎的な質問事項です。

MEGUMIさんの回答が、なかなかしっかりとした文章で、MEGUMIさんのこれまでの活動など解りやすく書いてたので、掲載することにしました。

ちょっと長いけど、一読ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

■Q. 1
新世界で活動するきっかけ…の前にMEGUMIさん自身の活動に関して少しお伺いさせて下さい。

Freestyle Jazzを習い現在、インストラクターとしても関西を中心に活動されているとの事ですが、ダンスとの出会い、始めるきっかけは何だったんでしょう?

[A]
きっかけは中学生の時に、一条高校という高校のダンス部のショーケースを見て〝かっこいい!自分も踊ってみたい”と思ったのがきっかけです。
中学生の時に新体操を習っておりまして、新体操の市民大会が一条高校の体育館で行われました。
体育館の半面で新体操の市民大会、もう半面で高校のダンス部のショーケースが行われていました。試合が終わった後もダンスがかっこよすぎてずっと見ていました。

■Q.2
ダンスの世界大会【World of Dance】ってどんな大会?
優勝した時、予選時、当時の様子や思い出教えて下さい。

[A]
WODとは、毎年夏にロサンゼルスで開催されているダンスコンテストで、世界各国で予選が行われています。 予選で勝ち抜いたチームが、ロサンゼルスで行われる決勝大会に進出することができます。
予選では、世界大会で優勝するんだという気持ちで臨んでいました。ずっとついていっていた師匠のもとで一緒に世界を目指せるチャンスだったので優勝したいという気持ちがとても強かったです。予選で優勝した時は、ホッとした気持ちとこれからだという気持ちでした!
世界大会本戦で優勝したときは、私は結果発表の時に後ろの方に並んでいて正直どこのチームが呼ばれたのか分からない状態でした。

歓声が大き過ぎて『ん?呼ばれたのか?呼ばれてないよな?』みたいな感じだったのですが、
師匠が前の方で並んでいたので、みんなを引き連れてくださって前に出て行った感じでした。
そのときは優勝した実感が全然なかったです。
でも、周りのチームが優勝を祝福してくれて声をかけてくれたり、日本にいる友達や家族からもおめでとうのメッセージをもらったりして、だんだんと実感が湧いてきました!
そのときはとても嬉しかったです。

■Q.3
コレオグラファーってどんなことしてる人?

[A]
ダンスの振付をしております!ダンスレッスンではインストラクターとしてダンスの基礎も教えます。
発表会の振付を作ったり、今回のようなPR動画の振付なども考えたりします。他にコレオグラファーのお仕事としてアーティストやアイドルに振りを付けたりすることもあります。

■Q.4
ダンスの世界で様々な活動をされているんですね!
そんなアクティブなMEGUMIさん いったい何がきっかけで新世界で活動するようになったのですか?
初めての新世界、感想は? 通天閣にも登られましたか?

[A]
大学時代のダンスサークルに所属していた仲間が新世界に住んでいるという繋がりで、新世界を訪れたことがきっかけです。新世界を訪れた際、新世界公認ホームページ委員会の近藤さんをご紹介していただきました。

通天閣にも登りましたし、飛び出し展望台にも行きました。

若干高所恐怖症なのでしっかりと下は見れなかったです。そのくらいスリル満点でした!笑

コロナ前に新世界に訪れた時の印象として、陽気で活気のある街だなあと思ったのと同時に新しい新世界の雰囲気も少し垣間見えました。居酒屋や粉物のお店などが多いイメージでしたが、オシャカフェやホステルなどもあり今までの新世界と雰囲気が違っているところもあって新鮮に感じました。

■Q.5
様々なメディアでも取り上げられてます。
感染予防をして新世界を楽しもう!ダンス動画、制作秘話を教えて下さい☆

[A]
5月22日に近藤さんから突然、コロナ対策の動画を撮りたいという案をいただき、その5日後に撮影するというタイトなスケジュールでした笑
近藤さんの行動力の速さにいつも驚かされますが、私もその時は自粛モードで気持ちが沈んでいて何をしたらいいのだろうかと思い悩んでいた時期だったので、自分を奮い立たせて動画作成をしました!

緊急事態宣言は済んでましたが、まだまだ世間は自粛モードであり、できるだけ撮影は合理的に、半日で終了しました。
半日だけで動画撮影が終わるのかとても心配でしたが、撮影当日はアドリブで撮影したり、思いつきのアイデア・提案が意外と良く撮れてスムーズに撮影が進みました。
また動画のワンシーンでソーシャルディスタンスを守ってお店の外で並ぶシーンがあるのですが、並んぶキャストの人数が足りず、取材に来てくださっていた大阪日日新聞の記者さんが急遽キャストとして参加してくださいました。
あのシーンに映っている3人の足のうちの1人は日日さんの記者さんです。

■Q.6
特にここを見てほしい、こだわりのシーンやダンスはありますか?

通天閣の天井画が背景になってるところのダンスシーンがいちばんのお気に入りです。
すごくダンサーとしてのこだわりになってしまいますが、体のウェーブがすごく見えるシーンなので私的にすごくお気に入りです。
あとは通天閣の天井画がとっても素敵なのでそれがアピールできたらいいなと思って撮影したらとっても綺麗なシーンになりました。

■Q.7ダンス動画第二弾「未来の新世界を楽しもう☆コロナ終息を願って」も完成したそうですが1作目との違いはどんなところでしょう?

[A]
第一弾は新世界が行なっているコロナ感染予防対策の具体策がしっかりと伝わるようにアピールしたいと思い制作しました。

第二弾は、作品として純粋に〝かっこいいもの”を作りたいという思いがありましたので、コロナ感染予防対策のアピールもしつつ私がこだわっているダンスや、アートの部分が第一弾よりも強く出ていると思います。
また緊急事態宣言後、経済状況が悪化して地域の活気も無くなっている様子を受けて、また活気のある新世界を取り戻せるよう〝コロナが終息したら新世界に行ってみたい、しっかり感染予防をすれば新世界を楽しめると思ってもらえるような動画にしようと意識して作りました。

■Q.8
制作にあたり大変だったところはありますか? どうやったら見ることができますか?

[A]
2月に撮影を開始してからすぐに緊急事態宣言を受けて、撮影が2か月以上できなかった為、2月の撮影開始の時と同じモチベーションで撮影に挑むことができるのかが心配でした。
空白の2か月間、新世界の地域の皆様の思いを考えるとどのように地域のPRをしたら地域のみなさんの為になるのかいっぱい考えて悩んだことがいちばん苦労した点です。

動画は新世界公式ホームページや私のYouTubeアカウントからもご覧頂けます!

■Q.9
今後、どんな形でダンス動画、活動をしていきたいですか? 次回のダンス動画の告知など…
『 ダンスを通して町づくりをする 』活動を続けていきたいと思っています!私の好きなことで地域の為に何か役に立てたらとても嬉しいことですし、この活動を通して地域の魅力を発信すると共に、ダンスにも興味を持ってもらう機会になれば嬉しいです!

次回の動画はなにわ区民まつりのON祭です。
今年の『なにわ区民まつり』は、オンラインで開催することになり、商店街の動画に出演します。オープニングダンスをしたり、人力車に乗って登場します。
10/4 10:00〜よりスタートですので是非ご覧くださいー!

■Q.10
MEGUMIさんの活動を見るにはどのSNSをチェックすればよいですか?
レッスンの場所やダンスを習ってみたい人人へ教室の詳細を教えて下さい☆

[A]
インスタグラム→@megude1209
Twitter→@DeMegu

《 LESSON 》
🔶毎週月曜日
@B-TRIBE チョコレートホール本校(京都 十条駅)
19時半〜21時
🔶毎週金曜日
@スタジオAX 心斎橋校
14時〜15時半
🔶毎週金曜日
@ダンススタジオZEST (滋賀 草津)
21時〜22時半
🔶毎週土曜日
@SUNNYHOOD 京都伏見校
キッズクラス(小学生以下) 16時〜17時
入門クラス 17時〜18時

■Q.11
最後に、ラヂオきしわだを聴いてくれているリスナーさんへ向けてメッセージを宜しくお願い致します!

[A]
ラジオきしわだリスナーの皆様さんこんにちは。MEGUMIと申します。これからも、ダンスを通して様々な活動をしていこうと思ってます。これからも精一杯頑張りますので、是非応援よろしくお願い致します〜!

ーーーーーーーーーーーーーーー

最後になりましたが、いつも新世界で活動する方々をゲストに迎えてもらって、むんむに感謝しています。

そして、MEGUMIさんのますますの活躍に期待しています。

■ラヂオきしわだ 79.7MHz
毎週金曜夜20時~21時
【むんむのやってるデー!フライデー!】

http://www.radiokishiwada.jp/simul/

ラヂオきしわだサイマル放送
リンク
www.radiokishiwada.jp

■MEGUMIさんの新世界でのダンス動画は、新世界公認ホームページでもご覧になれます。

https://shinsekai.jp
新世界公認ホームページ【the fit shinsekai】
知ってることも知らないことも…あなたにぴったりな新世界をご案内します
リンク
shinsekai.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【大阪のお客さんに助けてもらってます☆ある串かつ屋さんのスタッフの言葉より

新型コロナウィルス感染拡大は、夏場になっても収まらず、特に、観光業界は大きな影響を受けています。

新世界も然り、インバウンドの外国人観光客がいなくなり、日本人観光客も自粛ムードが広がり、今年の8月は、想定外に人が少ない状況で、9月に入ってもその傾向は続いています。

ある串かつ屋さんのスタッフの話では、

日曜日でも、新世界に来られる人の多くは、大阪在住の人だそうで、おそらく、5〜6割は大阪在住の人だと思います。

この2〜3カ月は、本当に大阪のお客さんに助けられました。

と、おっしゃってました。

串かつは、大阪のソウルフードとして有名になり、新世界に来られる観光客にとって、串かつは外せないものでした。

しかし今、串かつ屋さんに入っているお客さんのほとんどは、大阪在住の人、それに近隣の県から来られた観光客という状況になっています。

さて、新世界は、観光客の受け入れを中心にしていた飲食店ばかりではありません。

串かつ『近江屋』さんには、ふだんから多くのファンがおられ、多くのリピーターや常連さんがおられます。

居酒屋『酒の穴』も多くの常連さんで、賑わってます。

また、新世界には、居酒屋チェーンとして『やまと屋』さんが、数店舗あります。

特徴なのが、何よりも安い、それに、メニューの種類も多く、味も地元の人から保証済みです。

居酒屋チェーン『やまと屋』さんの名物サービスをご存知ですか?

お一人で、生ビール(中)2杯を飲んだお客さんには、生ビール(中)1杯が無料サービスになります。

すなわち、生ビール2杯分の料金で、生ビール3杯飲むことができます。

居酒屋チェーン『やまと屋』の名物サービスであり、今や新世界でも名物になっています。

安く飲めることもあり、リピーター、常連さんに、安定の人気がある店舗です。

大阪在住のお客さん、近隣からのお客さんは、このような状況の中でも、安定に来てくれるお客さんであり、観光客に特化していた状況では、特に気にしてなかったことでした。

より多くの大阪在住の人達に、新世界に訪れていただき、新世界を楽しんでもらえる、今だからこそ、商店街の本来の在り方を考えさせられる今日この頃です。

いよいよ明日から、4連休が始まります。

毎年なら、連休には新世界は多くの観光客で大賑わい、ごった返してますが、今年は様子が違うように思います。

通天閣のスタッフによると、最近は、少しずつ観光客が増え気味になっていて、関東からの観光客の姿も見かけるようになったそうです。

4連休は、大阪在住のお客さん、近隣の県からの観光客、遠方からの観光客で、新世界が賑わってほしいと期待しています。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【街も人も少しずつ動き出してるように感じる今日この頃☆】

9月には4連休があったんですね。
新型コロナウィルス感染拡大による影響で、新世界の店舗は、今年のゴールデンウィーク、お盆など、経験したことがないぐらい暇だったようです。
そんなことで、9月19日からの4連休も実感がありません。

■さて、期間限定ですが、新世界の観光人力車『俥天力』では、駅直行コースはじめました。
お一人様500円から御乗車頂けます。
歩き疲れた際は、是非、人力車をご利用ください。

■9月18日(金)、スパワールド世界の大温泉では、『スパプー 屋外 night club LIVE’20』追加開催するそうです。
詳しくは、スパワールドのホームページ、Twitter、Instagramをご覧下さい。

■4連休の前日である9月18日(金)、以前も告知しましたが、ラヂオきしわだ 79.7MHz『むんむのやってるデー!フライデー!』に、新世界でダンス動画制作をしているMEGUMIさんがゲスト出演します。
シンガーソングライターであり、ラジオパーソナリティでもある『むんむ』

ゲスト出演するダンスインストラクターMEGUMIさん。

放送日は、9月18日(金)20時〜21時、生放送です。
ラヂオきしわだ 79.7MHz
毎週金曜夜20時~21時
【むんむのやってるデー!フライデー!】

時間になりましたらこちらよりお聴きください。

http://www.radiokishiwada.jp/simul/

ラヂオきしわだサイマル放送
リンク
www.radiokishiwada.jp

再放送は土曜14時~15時です♪

メッセージはこちら
mail@radiokishiwada.jp
「むんむのやってるデー!フライデー!」宛と書いてラジオネームもお忘れなく。

『ラヂオきしわだ』ホームページhttps://www.radiokishiwada.jp

■BUNGA CAFEでは、中村美優(あさひめ)ミニライブを開催します。

[開催日]
2020年9月19日(土曜)

[開催時間]
1回目 14時〜
2回目 15時〜
3回目 16時〜
(ライブは各40分)

[入場料]
1ライブ 1500円(1ドリンク付)

3回 通し券 4000円(3ドリンク付)

[場所]BUNGA CAFE
地下鉄堺筋線 恵美須町駅3番出口より徒歩1分

[音響協力]CROSS CULTURE RECORDS

■また、9月20日(日)は、第28回新世界着物DAYが開催されます。

毎月第三日曜日は、新世界着物DAYです。

着物や和装、浴衣などで気軽に新世界をお楽しみください。

15時にビリケン神社前に集合(従来通りの段取りに復帰)

浴衣は14時頃から自分創造館で無料でお貸しします(事前予約必要。14時30分までにお越しください)。

16時頃からBUNGA CAFÉ(自由参加)

新世界着物DAYでは、いつもこの場所で記念写真を撮ってますが、今は『づぼらや』のフグの提灯はありません。

ちょっと寂しいですね。

■昨日のブログで紹介しましたが、新世界市場にある『イマジネーション PIKA SPACE』では、9月19日(土)〜22日(火)の4連休は、プレオープンとして、『中華そば祭』を開催するそうです。

4連休を控えて、人も街も、少しずつ動きが出てきたように感じる今日この頃です。

この時節柄ですが、感染予防に努めながら、新世界をお楽しみください。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【『イマジネーション PIKA SPACE』が中華そば屋に生まれ変わる☆】

通天閣から西へ約80mあたりに、新世界市場の南入口があります。

新世界市場の入口を入ってすぐの場所に、『イマジネーション PIKA SPACE』という店舗があります。

『PIKA SPACE』は、セルフ祭のメンバーの事務所でもあり、BARでもあり、飲食店でもあり、たこ焼き屋でもあり、そんなスペースでした。

セルフ祭が『イマジネーション PIKA SPACE』を運営するもっと前、この場所に、『イマジネーション PIKA SPACE』という衣服 • 雑貨屋さんがあり、そのまま屋号を引き継ぎました。

PIKA=光を意味しますが、衣服 • 雑貨屋の店主さんの名前に『光』という文字が入っていて、そこから『PIKA SPACE』という名前になったそうです。

新世界市場が賑わっていた頃の話で、今から20年ぐらい前だと思います。

『PIKA SPACE』について、詳しくは下記ホームページをご覧ください。
https://pikaspace.tumblr.com/about/
ピカスペースとは
【セルフ祭】が立ち上がった経緯に実は【震災】がある。これは当事者の2人しか知らない事実である。イマジネーションピカスペースは、セルフ祭からたまたま生まれた、副産物である。【セルフ祭】の事務所として使われていた場所を、2013年6月より2ヶ月間の改装工事を経て店という形に作り替えた。改装費から開店準備、全てひっくるめて投資した資金は、15万円だった。…
リンク
pikaspace.tumblr.com

さて先日、『PIKA SPACE』の前を通りかかったら、改装工事をされてました。

工務店による工事ではなく、そこのスタッフによる手作業での改装工事です。

『PIKA SPACE』のInstagramによると、『中華そば屋』としてリニューアルするらしい。

9月19日(土)〜22日(火)の4連休は、プレオープンとして、『中華そば祭』を開催するそうです。

店内のリニューアルが完成したら、下の画像のようなイメージになるそうですが、プレオープンの時は、7割ぐらいの完成になる見込みだそうです。

リニューアル工事は、スタッフ1人か2人での手作業ですから、時間はかかるでしょう。

PIKA SPACE

Instagramには、中華そば屋への業態変更の挨拶文が掲載されてました。

中華そば屋のスタッフは、

10月から『中華そば屋』として正式にオープンする予定であり、新感覚スペースとして生まれ変わります。

業態変更と共に、『イマジネーション PIKA SPACE』という屋号も無くなります。

串かつを食べた後、飲んだ後、新世界の締めは、是非、中華そばを御賞味ください。

と、意気込みを語っておられました。

プレオープンには、是非、立ち寄ってみたいと思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【オンラインなにわ区民まつり☆浪速区商店会連盟による動画の撮影が始まりました!】

先日、ブログでも少し紹介しましたが、浪速区役所とナニワ区民まつり実行委員会は、「第46回ナニワ区民まつり」をオンラインで開催します。

毎年恒例の「ナニワ区民まつり」は、コロナ禍での密を避けるため、会場開催を断念しましたが、みなさまのご期待と、多くの企業・団体の協力を得て、オンラインや動画配信にて実施することになりました。

オンラインでの『ナニワ区民まつり』は、10月4日に実施され、当日の生中継、そして、それまでに、それぞれの地域や商店街が動画を作り、公開していくような予定になっています。

当日は、『オンラインなにわ区民まつり』特設サイトでご覧になれます。
https://naniwaku-matsuri.com
ON祭 | ナニワ区民まつりオンライン
わになれなにわ。今年のナニワ区民まつりはオンライン。2020年10月4日10時〜15時。
リンク
naniwaku-matsuri.com

ナニワ区民まつりオンライン『on祭』
Twitterもあります。

このような地域のまつりをオンラインで開催することは、実は前例が無いらしい!?

『オンラインなにわ区民まつり』には、新世界の2つの商店街が加盟する『浪速区商店会連盟』も
参画することになりました。

浪速区商店会連盟は、浪速区の商店街の街歩き動画を作ることになりました。

動画制作が決まりましたが、動画のストーリーを考え、出演してもらえる人や店舗を決め、撮影、編集をして、遅くても10月4日には公開しなければなりません。

時間がない中、浪速区商店会連盟の動画制作チームは、準備を整え、昨日、撮影日を迎えることになりました。

撮影は早朝から始まりました。

各商店街をまわり、一日かけての撮影でした。

動画ではダンスをまじえて、浪速区の商店街の元気と魅力を発信します。

また、新世界〜日本橋〜なんさん通り〜なんばパークスまで、人力車が走り、コロナ禍で頑張る商店街を紹介します。

人力車は、新世界から『俥天力』さんに協力してもらい、ダンスは、新世界でダンス動画を制作したダンスインストラクター MEGUMIさんにお願いしました。

大阪日日新聞(9月13日 日曜日発売)に、MEGUMIさんによる新世界でのダンス動画(第2弾)が紹介されました。

大阪日日新聞WEB版でも掲載されてます。
https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200913/20200913031.html
コロナ終息願い新世界でダンス MEGUMIさん – 大阪日日新聞
リンク
www.nnn.co.jp

多くの人が集まるイベントを計画することが難しい状況ですが、全てを止めてしまうのではなく、小さなことでも、地味なことでも、今できることを実践していくことが大事であり、街の動きを止めないことが、コロナ後の活性化に繋がると思います。

『オンラインなにわ区民まつり』という新しい取り組みは、大きな意味があり、浪速区にとって大きな一歩になるでしょう。

昨日、行われてた撮影の様子は、後日、掲載します。

まずは、浪速区商店会連盟による動画制作が順調に進むことを祈るばかりです。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【上を向いて歩こう☆『ギャラリー1616』で写真展が開催されます!】

づぼらやのフグの看板が撤去されて約2週間になります。

づぼらやのフグの看板が無いのは寂しいですが、この風景に慣れてきたようにも感じる今日この頃。

新型コロナウィルス感染拡大による影響を受けて、特に平日は、新世界も人が少ない状況が続いています。

各店舗、売上面でも厳しい状況が続いていると聞いています。

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大、2020年は誰もが予想しなかった年になりました。

商店街、店舗、イベント、街の活動、旅行、その他、あらゆることの発展が止まってしまうような状況が続いていますが、そんなときこそ、『上を向いて歩こう』という気持ちを持ちたいものです。

さて、新世界にある『ギャラリー1616』では、『上を向いて歩こう』というタイトルの写真展が開催されるようです。

画像は、『ギャラリー1616』のInstagramから引用しました。

フォトサークルのメンバーによる、空をテーマにした写真展だそうです。

この時世、いろいろ悩んだり、考え事をしたり、または、日々の仕事に追われて、ゆっくり空を見上げる習慣がないような気がします。

『上を向いて歩こう』写真展は、9月17日(木)〜20日(日)の4日間です。

是非、『ギャラリー1616』に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

と、今日のブログは、喫茶グリル『DEN • EN』で、美味しいミックスジュースを飲みながら書きました。

■ギャラリー1616 展示会スケジュールは下記ホームページをご覧ください。
http://www.atelier1616.com/schedule.html
スケジュール-アトリエ1616
リンク
www.atelier1616.com

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【串かつ『だるま』各店舗でもInstagramを始めました☆】

今から15年〜20年ほど前、ホームページという情報発信手段が普及し、様々な企業、商店街などでもホームページを持つようになりました。

当時、新世界でもホームページを作ったことがありましたが、大きなお金をかけて作ったホームページですが、問題は、記事を更新していくことでした。

最新情報を更新していくことは、なかなか続くことではありません。

当時としては、なかなか立派なホームページでしたが、ほとんど更新されないまま、現在は消えています。

その後、個人で気軽に情報発信できる手段として、ブログやFacebook、Twitterなどが登場し、現在は、Instagramが主流だと言われています。

また、YouTubeなどの動画サイトも普及し、YOUTUBERと呼ばれる人も登場しています。

現在は情報発信が多様化し、スマホがあれば多くの情報を得ることができたり、情報発信できたり、SNSの時代になっています。

さて、私もブログやTwitter、YouTube、Instagramを閲覧することが日常になっています。

知り合いがInstagramを始めたり、Instagramを活用している新世界の店舗も多いようです。

先月ぐらいですが、串かつ『だるま』のInstagramを見つけました。

■串かつ『だるま』動物園前店のInstagramです。

daruma.zoo と書いてるので、解りやすいですね。

■串かつ『だるま』ジャンジャン横丁店

私も食べたことがありますが、串かつのあとは、『おにぎり茶漬け』がオススメです。

■串かつ『だるま』総本店

カウンター席だけの小さなお店ですが、ここから串かつ『だるま』物語は始まりました。

カマンベールチーズの串かつもあるらしい。

なかなか美味そうですね。

串かつ『だるま』のInstagramは、新世界だけでなく、他のエリアの店舗でもしているようです。

スタッフの方に聞くと、上からの指令で、各店舗、Instagramを始めるようになったそうです。

Instagramを眺めていると、知らない店舗に対しては興味がわき、知っているお店には、より一層の親しみを感じます。

通天閣でもオフィシャルのInstagramがあり、スタッフの皆さんが、日々、更新しています。

情報発信は継続が大事です。

継続することで、そこから発信される情報に信用性が生まれるようになります。

時代の流れは早いもので、SNSの進歩は特に早く、ついていくのに大変です。

個人どうしの連絡手段として、LINEを使うことが増えていますが、若い世代の人に聞くと、例えば、女の子のLINEを教えてもらうのにハードルが高い場合、先にInstagramを教えてもらい、ダイレクトメッセージで連絡を取る場合があるようです。

仲良くなってから、LINE交換するとか、そんなことを聞いたことがありますが、私にはついていけません。

大阪万博が開催される2025年には、SNSがどのように進歩しているのか想像することができませんが、きっと私は、なんとかついていこうと、もがいていると思われます。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【晴れた日の平日、昼間の新世界の様子☆】

コロナ禍の中、晴れた日の平日、昼間の新世界は人通りも少なくなっています。

以前、平日といえども外国人観光客で賑わっていましたが、寂しい状況が続いています。

最近はキャリーバッグを持った旅行者を見かけるようになりましたが、今では珍しい光景に感じます。

ココモよってぇ屋 新世界店に併設する『Coconchi CAFE』が閉店したそうです。

以前は、このあたりは外国人観光客がひしめき合っていた場所です。

おみやげ物を販売する『ココモよってぇ屋 新世界店』は営業しています。

ところで、今年8月初旬、大阪府の吉村洋文知事がポビドンヨードを含むうがい薬が「コロナに効くのではないか」として、ポビドンヨードうがい薬によるうがいの励行を府民に呼びかけました。

それ以降、未だに、『スギ薬局 通天閣店』ではイソジンなどポビドンヨードを含むうがい薬が手に入りにくくなっています。

以前よりイソジンでうがいをする習慣がある私にとって、困りごとのひとつです。

通天閣本通商店街には居酒屋チェーン『白木屋』があります。

新世界という場所柄、周辺のホテルに宿泊する外国人観光客の利用が多かったそうですが、今は、ほとんどが近隣からのお客さんだそうです。

話によると、多人数での飲み会や宴会など、会社として自粛するよう言われていたり、個人レベルの集まりも控えている方が多い状況が続いているようです。

町の掲示板には、『新型コロナウィルスに便乗した詐欺に注意!』を呼びかけるポスターが貼られています。

通天閣の入口には、『夜の街に出かける時は気をつけましょう』と書かれたのぼりが設置かいます。

各店舗では感染防止対策、街のあちらこちらではコロナ関連の広報が目立ちます。

ある大型物販店のスタッフは、『インバウンドが戻りかけるのは来年、完全に戻るには、それ以上の年月がかかるでしょう』と言ってました。

今日のブログは、やけに暗い感じになってしまいましたが、新世界の街並みを眺めながら、この状況をなんとか乗り切っていきたいと思う今日この頃です。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【通天閣基礎A☆問題を解いて、通天閣力を試しましょう!】

何日も前になりますが、通天閣オフィシャルのInstagramに、令和2年度『通天閣基礎A』として、通天閣基礎テストが掲載されてました。

私、新世界に生まれて57年、新世界とともに人生を歩んできました。

もっと言うと、祖父の代から数えると、80年以上の間、代々、新世界に根付いているわけで、通天閣の基礎問題なら簡単に解けると思ってました。

さっそく問題を見てみましょう。

みなさん、お解りになりましたか?

例えば、

【大問1】
(4)初代通天閣は1943年に解体されたがその理由を説明せよ。

この問題の答えをきっちり書ける人は少ないでしょう。

ネット検索して、下記がベストな答えでしょう。

太平洋戦争中、1943年、初代通天閣のすぐ足元にあった映画館「大橋座」が失火で炎上し、通天閣も焼かれてしまった。

この火災で初代通天閣は足元の鉄骨がむき出しになって無残な姿になり、戦争中で鉄骨資材が足りない時代でもあり、結局、翌年に解体され、300トンの鉄くずとなって政府に供出されました。

【大問3】
(3)5階展望台に安置されているビリケンの台座には以下の英文が刻まれている。その意味を答えよ。

『THE GOD OF THINGS AS THEY OUGHT TO BE』

答えは、公式サイトでは、「物事のあるべき姿を司る神様」「万事あるがままの神」、要するに「全知全能の神様、ということになるでしょう。

実は、正面からだと“THINGS-AS-THEY”しか字は見られませんが、横に回ってみると、“THE-GOD-OF THINGS-AS-THEY OUGHT-TO-BE”と刻まれています。

私もネット検索しながら、ようやく答えが解る問題が多く、基礎問題よりレベルが高いでしょう。

恥ずかしながら、私の通天閣力は、大したことがないようです。

是非、ネット検索しながら、通天閣基礎問題を解いてみてはいかがでしょうか。

★Twitter@shinsekaizyoho


「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。