クラウドファンディング

2020年 8月 の投稿一覧

【時代の流れに伴い、娯楽も変わっていきます☆今や射的が新世界名物!】

その昔、新世界の名物娯楽といえば、囲碁将棋、麻雀、パチンコなどを思い浮かべるでしょう。

もっともっと昔には、ジャンジャン横丁に『Zゲーム』というものがあり、今でいうなら、ビンゴゲームみたいな遊びです。

数字の書いた紙におはじきを置き並べる、レトロ感満載です。

『Zゲーム』の看板が写ってる写真を見つけました。

また、弓道場も新世界名物でした。

初心者でも、弓道の師範が教えてくれたそうです。

インバウンドで盛り上がっていた時期に弓道場があれば、テレビや観光雑誌でも紹介され、おそらく行列ができてたでしょう。

一時期、弓道場を復活させたいという地元商店主さんらの声も聞こえてきましたが、なかなか難しかったようです。

約30年程前の「月刊 SENBA」という大阪ローカル雑誌の記事に、新世界の名物、弓道場が紹介されてました。

さて、現在の新世界名物娯楽といえば、スマートボール、そして射的でしょう。

というわけで、新世界のダンス動画でお馴染みのダンスインストラクターMEGUMIさんが、新世界に来られた時、射的に挑戦していただきました。

初心者でもお店のスタッフさんが親切にアドバイスしてくれるので、安心して遊べます。

また、それぞれのお店には独自のルールがあって、数個の並んでいるお菓子を全て撃ち落とした、景品がもらえるとか、そんな遊び方もあるようです。

見事にお菓子を撃ち落とす瞬間を動画で撮りました。

MEGUMIさんがゲットしたお菓子です。

撮影に協力していただいたのは、『ベターラック』という射的屋さんです。

射的をする前には、手指のアルコール消毒、マスクをしてない方のために、マスクも用意し、感染防止対策にも努めておられます。

時代の流れに伴い、娯楽も変わっていくのが解りますね。

新世界には、幾つもの射的屋さんがあり、今や新世界の名物娯楽になっています。

祭りの縁日の感覚で手軽に遊べます。

串かつのあとは、是非、射的をお楽しみください。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【むんむのやってるデー!フライデー!☆ MEGUMIさんがゲストに決まりました!】

2012年に新世界が100周年を迎えるにあたり、新世界100周年実行委員会と串かつ屋さんが協力し、2010年、新世界の名物である『串かつ』のキャラクター『くしたん』が誕生しました。

その後、『くしたん』の応援ソングを作ろうという話になり、2010年12月から募集を始め、全国から78作品の応募がありました。

2011年6月に最優秀作が決定し、曲名は『キラキラ☆くしたん』、作詞・作曲を担当した「むんむ」さんの作品が見事選ばれました。

写真は、天王寺公園内で開催された百年縁日、『キラキラ☆くしたん』発表披露の様子です。

表彰状を持っているのが『むんむ』、すぐ後ろにいるのが『くしたん』です。

それを機に、シンガーソングライター『むんむ』は、新世界でも活動を始めることになり、多くの地域イベントに参加しました。

今では活動の幅を広げ、地域・ゆるキャラ・企業などのテーマソング、楽曲提供、それに、奈良県下市町観光大使も務めています。

さて、むんむはシンガーソングライターとして活躍しながら、ラジオ番組のパーソナリティとしても活動しています。

『ラヂオきしわだ 79.7MHz』で毎週金曜、20時〜21時、生放送されている『むんむのやってるデー!フライデー!』という番組です。

番組では、ゲストも出演して、ゲストが活動するジャンルに応じた楽しいトークが繰り広げられます。

新世界からも何人もの方がゲスト出演させていただきました。

そして今回も『むんむのやってるデー!フライデー!』に、新世界からのゲストが決まりました。

ダンスインストラクター MEGUMIさんです。

先日、ブログでも紹介しましたが、7月25日(土曜)朝7時30分から放送、NHK 『ウィークエンド関西』(西日本の旅)で、新世界での感染防止対策について紹介していただきましたが、その番組で、『新型コロナウィルス感染予防を心がけながら新世界を楽しもう!』という趣旨で作った、MEGUMIさんによるダンス動画が紹介されました。

MEGUMIさんによる『新型コロナウィルス感染予防を心がけながら新世界を楽しもう!』ダンス動画は 新世界公認ホームページ トピックスでもご覧になれます。

【ダンス動画/新型コロナウィルス感染予防を心がけながら、新世界を楽しみましょう!】
【ダンス動画/新型コロナウィルス感染予防を心がけながら、新世界を楽しみましょう!】 マスク着用、3蜜を回避、ソ…
リンク
shinsekai.jp

ラジオのゲスト出演にあたり、先日、むんむとMEGUMIさんは、新世界で打ち合わせをしました。

MEGUMIさんが新世界で活動することになったきっかけ、ダンス動画制作での裏話、これからの活動、新世界の楽しさなど、むんむとの新世界トークが繰り広げられるでしょう。

新世界での活動の大先輩『むんむ』と、今年から新世界で活動を始めたMEGUMIさん、どんな楽しいトークになるのか楽しみです。

ラヂオきしわだ 79.7MHz『むんむのやってるデー!フライデー!』、MEGUMIさんがゲスト出演する放送日は、9月18日(金)20時〜21時を予定しています。
尚、新型コロナウィルス感染拡大の状況により、延期になることがありますが、予定通り、生放送が行われることを切に願っています。

■ラヂオきしわだ 79.7MHz
毎週金曜夜20時~21時
【むんむのやってるデー!フライデー!】

時間になりましたらこちらよりお聴きください。

http://www.radiokishiwada.jp/simul/

ラヂオきしわだサイマル放送
リンク
再放送は土曜14時~15時です♪

メッセージはこちら
mail@radiokishiwada.jp
「むんむのやってるデー!フライデー!」宛と書いてラジオネームもお忘れなく。

■『ラヂオきしわだ』ホームページ

https://www.radiokishiwada.jp

TOPページ
ラヂオきしわだは岸和田市のコミュニティ放送局。サイマル放送でどこからでも聴けます。
リンク

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【ROJIギャラリー1616にて『喫茶ドローイング展』開催予定☆】

2012年7月、新世界では初めてのギャラリースペース『ギャラリー1616』がオープンし、今年7月1日、8周年を迎えました。

2017年4月、、『ギャラリー1616』の隣の路地に、貸しギャラリー「ROJIギャラリー1616」がオープンしました。

面積は約25平方メートル、もともとマンションの住居だったスペースを全面改装して、ギャラリーとしてオープンしたそうです。

「ROJIギャラリー1616」という名前の通り、確かに路地の中にあります。

さて、「ROJIギャラリー1616」で、おもしろそうな個展が予定されています。

【個展のお知らせ】

8月27日(木)〜30日(日)まで、新世界のギャラリーにて『喫茶ドローイング展』を開催致します。

『喫茶ドローイング展』は、5月に開催予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、 延期になってまさかたが、ついに開催することになりました。

純喫茶の訪問記録をイラストで描きとめました。
過剰なスピードやサービスを求められる現代で
ゆるゆると過ごせる空間に心洗われる
日々の記録です。

純喫茶や昭和の文化がお好きな方、
是非ご来場をお待ちしております。

*開廊時間:11時~19時

【喫茶ドローイング プロフィール】
ひょんなことから始めた純喫茶めぐりの
イラスト訪問記録をSNSにアップしています。
いつか1冊にまとめて本にすることが夢です。
実は、カフェインに弱いことが最大の悩み。

こんなご時世ですが、ご興味のある方は是非お待ちしております。

ギャラリー周辺には、素敵な喫茶店がたくさんあります。

新世界には昭和の時代から営業している純喫茶が数多くあります。

純喫茶は昭和の文化のひとつであり、純喫茶は新世界の文化のひとつにもなっています。

「ROJIギャラリー1616」で開催される『喫茶ドローイング展』で、純喫茶の魅力を見つけてみてはいかがでしょうか。

私も是非、観に行きたいと思います。

『ギャラリー1616』での展示会、スケジュールは、下記ホームページをご覧ください。

様々な展示会が目白押しです。

http://www.atelier1616.com/schedule.html
スケジュール-アトリエ1616
リンク
www.atelier1616.com

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【105年もの歴史がある新世界市場にお立ち寄りください☆】

地下鉄堺筋線『恵美須町駅』3番出口から徒歩スグ、新世界市場があります。

新世界市場は、105年ほどの歴史があり、今から20年ほど前までは、多くのお客さんで賑わってました。

新世界や周辺地域の飲食店は、新世界市場から食材を仕入れ、八百屋さんや米屋さん、肉屋さん、魚屋さんなど、配達に走ってました。

お店では、威勢の良い声を出して食材を売る、そんな光景がありました。

当時、毎週水曜日は特価日になっていて、その日は特に多くのお客さんが行き来してました。

年末などは大忙しで、店主さんの子供達もお手伝いするぐらい、『猫の手も借りたい』という状況でした。

今のように、コンビニなどが無い時代ですから、年末に食材を買っておかないと、正月を迎えることができないという時代でした。

しかし、現在はシャッターが閉まったままの店舗が増え、いわゆるシャッター街になっています。

観光客に新世界市場の場所を教えても、なかな見つけてもらえない、そんな話を聞くと、寂しい気持ちになります。

そんな状況の新世界市場ですが、長い間、商売を続けてきた商店もあります。

新世界市場の北入口、『澤野工房』があります。

昔ながらの履物を販売し、その奥で、ジャズ喉CD販売をしています。

澤野工房は、ジャズレーベルとして、かなり有名です。

また、『肉のさかもと』では、ビフカツサンド、通天閣コロッケが名物です。

老舗のひとつ、『お茶の大北軒』は多くのファンがついてる人気店です。

ヒョウ柄の専門店『なにわ小町』は、テレビでもお馴染みです。

『ミヤウヤ』という荒物屋さんがあります。

『荒物屋』という言葉は、今ではあまり使われなくなりましたが、ほうき・ちり取り・ざるなど、簡単なつくりの家庭用品、台所用品を販売するお店のことです。

今は、大型ホームセンターが主流になってますが、街に一軒、近所に荒物屋さんがあるのは便利ですね。

お漬物『山田屋』、私は子供の頃から、ここのお漬物を食べて育ちました。

山田屋さんは、インスタグラムもされていますので、是非、覗いてみてください。

本来なら、本日8月1日より、新世界市場ではWマーケットが再スタートするはずでしたが、新型コロナウィルスの感染が再び拡大している中、再延期が決定しました。

しかし、新世界市場と共に歴史を歩んできたお店も多く、皆さん、頑張っておられます。

昭和の風情が残る新世界市場に、是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【第9回 新世界フライングキッズも中止☆来年の開催に向けて!】

8月に入り、毎年なら、キッズダンスコンテスト『新世界フライングキッズ』の準備を進めている時期です。

本来なら、主催者である新世界町会連合会、新世界地域活動協議会の担当である私にとって、バタバタする時期になります。

計画では、スパワールド階段上広場にて、8月30日(日)、第9回目となる新世界フライングキッズの開催を考えてましたが、新型コロナウィルス感染拡大により、5月には中止を決めてました。

8月下旬の開催なので、その頃には平常に戻っているかもと思いながら、しかし万全を期して中止と決めましたが、第二波ともいえる感染拡大が起きている状況で、今となれば中止という判断で正しかったと思います。

知り合いのダンサーの方によると、今年の秋ごろまでは、全てのダンスイベントが予定されてないそうです。

練習の成果を披露する機会が無くなっている状況は、本当に寂しいことです。

街の活性化のために、多くの人が集まり、盛り上げるイベントは、しばらくは難しいでしょう。

この様子だと、秋のハロウィンはどうなるのでしょう。

そんな中でも、街の活性化に向けて、地元からの情報発信など、今できることを頑張っていくことが重要です。

先日、浪速区商店会連盟の会議が行われましたが、商店街の活性化に向けて、今できること、来年に向けてできることなど、外部からの企画、提案があり、前向きに取り組んでいこうという議論がありました。

来年8月には、『第9回 新世界フライングキッズ』が開催できることを願うと共に、浪速区の商店街も活性化に向けた動きを止めることはないでしょう。

一日も早く、平穏な状況に戻ることを願っています。

写真は、昨年の新世界フライングです。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【観光客はプラスアルファで考えとかなあかん☆ある飲食店のマスターの言葉より】

8月2日、日曜日の新世界です。

人が少ないです。

大阪府では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8月6日より、大阪ミナミの特定地域にある夜の接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店について、感染症対策を行っている店に午後10時までの営業短縮、対策を行っていない店に休業要請を行うことを決定しました。

期間は8月6日〜20日の予定だそうです。

新世界は、このエリアには入ってませんが、世間はすでに自粛ムードがあるようで、日曜日でも新世界は、いつもより人が少ない状況でした。

お好み焼き『風月』では、お持ち帰りメニューを充実させ、テイクアウトに力を入れているようです。

観光客、特にインバウンドのお客さんが多い地域では、すごく厳しい状況が続いています。

そんな中、ある飲食店に、こんな黒板がありました。

喫茶グリル『DEN • EN』の店頭にある黒板です。

『観劇のお客様』とは、近くにある大衆演劇『朝日劇場』や『浪花クラブ』のお客さんのことです。

一時期は、多くの観光客で賑わっていたお店ですが、数年前から、常連さん中心の営業にシフトしていき、コロナの状況でも、けっこう賑わってます。

『DEN • EN』のマスターは、常々、『観光客はプラスアルファで考えとかなあかん。大事なのは常連さんや。特に外国人観光客は、世界情勢によって、いつ来んようになるか解らん。うちは大儲けはできないが、落ち込みも少ない』と、おっしゃってました。

今となれば、『DEN • EN』のマスターの言葉が身に染みます。

ちなみに、下の写真は、昨年夏の新世界の賑わいです。

一日も早く、新型コロナウィルスが収束し、新世界にも賑わいが戻ることを願う今日この頃です。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【『タピオカセンター&可愛いギャラリー』と『HOME HOSTEL OSAKA』☆】

串かつ『だるま』総本店の前の路地に、タピオカ専門店があります。

『タピオカセンター&可愛いギャラリー』というお店で、外観はこんなに可愛いお店です。

インスタグラムもありますので、検索してみてください。

さて、『珍珠中心&可愛Gallery』では、8月1日で、開店1周年を迎えました。 

8月1日(土曜)、2日(日)は、全商品半額と、インスタグラムで告知してました。

新型コロナウィルス感染防止対策に努めながら迎えた1周年記念日には、多くのお客さんが訪れてました。

私もここのタピオカは大好きで、オススメのお店です。

今日、8月2日まで、全商品半額ですので、是非、お立ち寄りください。

また、姉妹店でもある宿泊施設『HOME HOSTEL OSAKA』では、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、外国人宿泊客がいなくなり、しばらくの間、休業されてましたが、8月1日より、営業再開しています。

本来なら、今年4月1日が、開業3周年だったそうですが、休業していたため、このたび、8月1日を3周年として、気持ちを新たに営業を始めもした。

外国人宿泊客が見込めない中、日本人のファミリーのお客さんにも宿泊してもらえるよう取り組んでいくそうです。

もちろん、感染防止対策にも万全を期しています。

すでに、宿泊に興味を持っている地元商店主さんファミリーもおられるとか。

ホテルとは違い、ホステルという宿泊施設は、日本人には馴染みがない人が多いと思いますが、これを機会に、利用してみてはいかがでしょうか。

新型コロナウィルスの収束を目指すのではなく、共存しながら、経済活動をしていくのが、行政の方針であり、難しい状況が続くと思いますが、1周年を迎えた『タピオカセンター&可愛いギャラリー』、営業再開した『HOME HOSTEL OSAKA』さんには、頑張ってほしいと思います。

■『HOME HOSTEL OSAKA』の情報については下記をご覧ください。
https://shinsekai.jp/archives/stay/166
一度泊まるとまた泊まりたい
2017年4月、新世界のど真ん中にお洒落なHOSTELがグランドオープン! BEST HOSTEL JAPAN…
リンク
shinsekai.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。