クラウドファンディング

ブログ

【通天閣節分福豆まき☆感染防止策として非接触での福豆配りに変更!】

通天閣本通商店街のアーケードに並ぶバナーは、新世界の四季をイメージした絵が描かれたオリジナルのデザインになっています。

春は新世界に隣接する天王寺動物園、桜が咲く中、サバンナゾーンで家族で楽しんでいる様子が描かれています。

新世界の冬を表すバナーには、通天閣の節分福豆まきのイメージが描かれています。

通天閣の節分福豆まきは、1957(昭和32)年から続く行事であり、大阪府市民の繁栄と幸福を祈願することを目的に行なっています。

毎年各方面で活躍している人を招いて、盛大に開催しています。

さて、2月1日、通天閣では節分を前に恒例行事「通天閣節分福豆まき」が行われました。

今年は、大阪松竹座4月公演「アンタッチャブル・ビューティー ~浪花探偵狂騒曲~」の主演を務める元宝塚歌劇団星組トップスターの紅ゆずるさんや、同作に出演する竹下健人さん、桑野藍香さんらが参加し、地上高さ94.5メートルの屋外展望台「天望パラダイス」で豆まきを行いました。
また、例年、1階正面玄関前で行われている一般向けの豆まきは、今年は新型コロナウイルス感染症対策で中止にして、代わりに1000袋の福豆を非接触で配布しました。
いつもなら、一般向けの豆まきは、『鬼は外、福はうち』と元気な掛け声の中、多くの人が集まって福豆を取り合うという、盛況盛大な行事ですが、今年は粛々と福豆を配布する様子がテレビのニュースで映し出されてました。

大阪日日新聞(2月2日付)にも掲載されてました。

感染防止策として福豆を配布するという形態に変更になりましたが、コロナ禍でも恒例行事を継続できたことが素晴らしいと思います。
昨年は感染防止のため、多くのイベント、それに伝統行事まで中止になりました。
今年も昨年同様に様々なイベントや伝統行事が中止になれば、長年にわたって築き上げてきた文化や伝統が消滅してしまうことに繋がるでしょう。
今年、通天閣の福豆まきを見て、感染防止策をとり、開催方法を工夫しながら、形が少し変わっても継続できる可能性を探っていくことも必要だと感じました。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【コロナ禍での地域活動のあり方☆新世界連合振興町会の会議より】

先日、新世界連合振興町会の会議が新世界会館で行われました。

コロナ禍での会議は、写真のように、人と人の間隔を空けて座り、マスク着用、窓をひとつだけ開けたままで行いました。

浪速区役所からの連絡事項、町内会の回覧の内容説明、その他、様々な面で情報共有の場になっています。

時節柄、回覧には確定申告無料相談会の案内なども含まれてました。

これらの回覧用紙は、町会長が持ち帰り、各班に分けて、班長さんから回覧してもらいます。

今回は3種類の回覧用紙ですから、振り分けるのも簡単ですが、多いときは8種類ぐらいあり、振り分けるだけでも大変です。

コロナ禍で行事が中止になったりで、回覧の枚数も少なくなっているのかもしれませんね。

また、浪速区社会福祉協議会の方からは、『地域見守り活動』についての話がありました。

地域見守り活動は、地域住民の皆さんと専門職や関係機関が協働し、それぞれの地域に合った見守り体制を構築していくことを目的に活動しています。

具体的には、「地域における見守りネットワーク強化事業」で作成している『要援護者名簿』をもとに、

①地域にはどのような支援を必要とする人がいるのか、

②その人たちに対してどのような見守り・取り組みができるか、の2点について主に検討する会議です。

近年、都市化や少子高齢化、家族形態の変化、単身世帯の増加、人々の価値観や生活スタイルの変化などが進んでいます。

地域の繋がりは薄れ、子育てや日常生活に関する相談相手がいなくて悩んだり、身体的な衰えにより外出機会が少なくなったり、認知症や介護、孤独死など生活上のさまざまな問題を抱える方に対して、住民の信頼関係に基づく支え合いを通した福祉による安全・安心な地域づくりを進める取り組みです。

町会長には、下のような見本が配られました。

マグネットになっていて、要援護者名簿に登録している人は、家にある冷蔵庫に貼るようになっています。

災害時や救急の時などに、要援護者であることが解り、連携ある対応をしやすくなっているそうです。

様々な地域活動があり、地域活性化に向けて多くの人を集めるイベントを企画するような活動もありますが、コロナ禍において、そのような活動は難しくなっています。

地道な活動ですが、地域住民が安心して暮らせるような取り組みが、今まで以上に必要になっていくように思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【中村美優(あさひめ)☆新世界シアター朝日で新曲発表、歌謡ショーも開催しました!】

先日もブログで紹介しましたが、大阪を拠点に活動する昭和歌謡を歌うアイドルユニット『あさひめ』メンバー 中村美優ちゃん、待望のソロ • デビューシングル『間宮海峡 〜 林蔵の恋』CDが、2021年1月27日に発売されました。

さて、中村美優ちゃんの新曲発表を兼ねた『新春三人娘歌謡ショー』が、1月31日(日)、新世界シアター朝日にて開催されました。

出演は吉野悦世、小島さち、中村美優。

新世界にとっても馴染みのある歌手の皆さんで、昨年の新世界振る舞い酒には3人揃って参加していただきました。

会場に入る時には、検温、手指のアルコール消毒、それに体調チェックのためのアンケートにも記入しました。

また、感染対策の為、定員を50%以下にしての開催でした。

休憩時間もじゅうぶんに取り、入口の扉を開けて換気にも気をつけておられました。

緊急事態宣言下、新曲発表、歌謡ショーを開催するかどうか、主催者はそうとう悩みぬいて開催を決めたそうですが、会場のお客さんも声援や掛け声は無し、手拍子やタンバリンなどで歌謡ショーを盛り上げ、多くの人の想いが伝わる素敵な歌謡ショーになりました。

お客さんは高齢者が多いと思ってましたが、ファミリーで観に来られたり、30〜40歳代ぐらいの人も目立ちました。

観に行った町内会の人は、すごく良い歌謡ショーだったと喜んでおられました。

歌手としてCDを出すことが目標でもありますが、同時に、CDを売っていくという努力も始まります。

CDデビューを果たした中村美優ちゃんは、歌手として大きな一歩を踏み出しました。

コロナ禍でもあり、まだまだ活動しにくい時期でもありますが、これからの活躍を楽しみにしています。

すでに、新曲『間宮海峡〜林蔵の恋〜』は、カラオケDAMに入っているそうです。

また、ネット通販からも購入頂けます。

『中村美優 間宮海峡』で検索してください。

[追記]

来る、2月14日(日)、バレンタインデーには、BUNGA CAFEにて、中村美優ちゃんのミニライブが行われます。

感染防止に務めながら開催します。

■中村美優(あさひめ)ミニライブ■

[開催日]
2021年2月14日(日)

[開催時間]
1回目 14時〜
2回目 15時〜

[入場料]
1ライブ 1500円(1ドリンク付)
2回 通し券 2800円(2ドリンク付)

[場所]BUNGA CAFE
地下鉄堺筋線 恵美須町駅3番出口より徒歩1分

[音響協力]
CROSS CULTURE RECORDS

ちなみに、新世界シアター朝日での新曲発表には、BUNGA CAFEからお祝いのお花をさせていただきました。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【緊急事態宣言発令中☆1月30日(土)の新世界】

町内会の用事でスパワールドに書類を渡しに行った帰り、 スパワールド階段上から通天閣の写真を撮りました。

大階段の壁にスマホを近づけて通天閣の写真を撮ると、反射によって線対称の2つの通天閣が撮れます。

名付けて『TWO天閣』、新聞やテレビでも紹介されたことがあります。

ライトアップしてる時には、もっと綺麗な『TWO天閣』を撮ることがでしょう。

さて現在、大阪、兵庫、京都の3府県に緊急事態宣言が再発令されてます。

毎日新聞WEB版によると、

再発令から2週目(1月21日~27日)の人出が、大阪市中心部では1週目(1月14日~20日)と比べ増加に転じたことが、携帯電話の位置情報のデータで示されたそうです。

2020年4月の前回発令時に2週目は1週目より減ったのとは対照的だそうです。

写真は、1月30日(土曜)の新世界の様子です。

本来の土曜日の人通り、賑わいはありませんが、2020年4月の緊急事態宣言中よりも人が動いてるように感じます。

人が増えると感染者数も増え、人通りが減ると感染者数も減少傾向にあるのを実感します。

今から思えば、 GOTOトラベルが行われていた時は観光客が増え、商店街としては一瞬の安堵感がありましたが、今は危機感が募ります。

飲食店は営業時間を午後8時までに短縮、それに休業している店舗や土 • 日曜日だけ営業する店舗も目立ちます。

たこ焼き『壱番』は昨年3月ごろにオープン、焼肉ホルモン『昭和』は、昨年12月にオープンしました。

2つの新しいお店に共通しているのは、オープンした途端に緊急事態宣言が発令されました。

先月、焼肉ホルモン『昭和』のオーナーさんと話をしたとき、

本来の土 • 日曜日の忙しさが解らないのですが、新世界はどれぐらいの賑わいだったんですか?

と聞かれました。

コロナ禍での店舗オープンでしたので、インバウンド全盛期の新世界の大賑わいは予想できないかもしれませんね。

本来なら、これから忙しくなる時期に向けてのオープンだったはずですが、めげずに頑張ってほしいと思います。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【TikTok、Instagramで西成 • 新世界の飲食店を紹介☆】

先日、うちの店『BUNGA CAFE』に、新世界元祖ミックスジュース千成屋四代目店主の白附さんが来られて、TikTokの動画を撮ってくれました。

タコスとフロートを注文していただき、動画を撮りながらお召し上がりになり、コメントも入れ、一発撮りの早技でした。

どんな動画になるのか楽しみにしてましたが、翌日には投稿されてました。

お店の特徴や店主の想いも伝わる内容で、本当に素晴らしい動画を作っていただきました。

BUNGA CAFE

TikTokの動画はInstagramでも観ることができるので、白附さんのInstagramを載せときます。

新型コロナ感染拡大が続いている中、どの飲食店も大きな影響を受けています。

白附さんによると、

地元である西成、新世界の飲食店を応援するために、今の状況で何ができるかを考え、TikTokでお店を紹介していこうと動き始めたそうです。

TikTok、Instagramには西成や新世界の飲食店が紹介され、大きな店舗ではなく、個人店に絞って紹介してくれているのが嬉しいです。

新世界では下のような店舗が紹介されています。

老舗のお好み焼き店『うさぎや』

串かつ『盛隆軒』

新世界市場にある『ジョイアミーア』

通天閣の足元にある『三吉うどん』

これらの他にも、西成、新世界こだわりのお店が紹介され、地元の私が観ても、ちょっと感動する内容です。

白附さんのナレーションは絶妙で、なかなか味があり、お店のこだわりや想いが伝わってきます。

コロナ禍、耐え忍んでるだけではなく、自分ができることひとつひとつ積み上げていき、新しい一歩を踏み出すこと、白附さんの動画を観て、そんなことを感じました。

短くまとめてある動画ですが、それぞれが深い。

私が動画に対してのうんちくを書くより、まずは下記のInstagramをご覧ください。

■白附さんのInstagramはこちら
https://www.instagram.com/katsuhito.s/?hl=ja

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【がんばるレディ☆『午後8時、飲食店が一斉に閉まります』体験】

先日、ダンスユニット『がんばるレディ』の2人と打ち合わせをしてきました。

ブログでも紹介しましたが、新世界での様々なイベントに参加してきたダンスグループ『WHY’$』(ワイズ)のメンバー2人が、『がんばるレディ』というダンスユニットを作って活動を始めました。

これからも年齢に関係なく、後悔することなく、今できることを頑張っていこうという想いから、『がんばるレディ』として、ダンスをベースに、動画作りや企画など、様々な形での活動を考えてます。

第一弾として、『がんばるレディ』によって、BUNGA CAFEのプロモーション動画撮影が行われ、YouTubeで公開しています。

ブログ読者の中には、ご覧になった方もおられると思います。

さて、がんばるレディの来月の企画として、新世界で動画を撮る計画があるそうで、ちょっと話を聞かせてもらいました。

新型コロナ感染拡大により、大阪府には緊急事態宣言が出されていて、飲食店には営業時間を午後8時までとする時短要請が出ています。

打ち合わせのために立ち寄った『新世界おやじの串や』でも、アルコールの注文は午後7時まで、閉店は午後8時を守っています。

店に入る時は、店員さんから、手指のアルコール消毒をお願いされ、検温もあります。

串かつを食べるときには、ソースに漬けるのではなく、ソースをかけて食べるスタイルになっています。

串かつを運んでくる店員さんの手は、薄手のゴム手袋をしています。

感染防止対策に務めておられるのが解ります。

急いで食べながら、打ち合わせもして、閉店時間である午後8時にはお店を出ました。

他の飲食店も午後8時には次々と閉店し、一瞬のうちにネオンが消え、シャッターが閉まりました。

通天閣のライトアップも午後8時で消えてしまいます。

午後8時以降は、人通りも無くなり、寂しい状態になりますが、飲食店が一斉に閉店する様子を見て、新世界は真面目に要請に従っているお店が多いのが解ります。

がんばるレディの2人も、午後8時以降、新世界の飲食店が一斉に閉まった状態をみて、少しびっくりしていたように感じます。

一日も早く感染拡大が収まり、街に賑わいが戻ることを願う今日この頃です。

そして、このような状況が続いてますが、『がんばるレディ』の動画制作は、できる範囲で頑張っていくそうなので、応援していきたいと思います。

■ がんばるレディによる『BUNGA CAFE』のプロモーション動画

https://youtu.be/HMLdVC45x24
BUNGA CAFE PR動画
大阪、新世界のおしゃれcafe‼︎‼︎BUNGA CAFE さんのPR動画を撮影させて頂きましたぁ~~~!!!ワァーーー!!!お店の楽しい雰囲気が皆さんに伝わりますように(^^)♪BUNGA CAFE Instagramhttps://instagram.com/bunga_cafe?igshid=5ztmvm0…
リンク
youtu.be

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【今更ですが、ガチャガチャの商品のおもしろさを発見しました☆】

新世界を歩くと、至る所にガチャガチャがあります。

ガチャガチャ、ガチャポン、ガシャポン、ガチャ、ピーカップなど、時代や地域や販売メーカーによって様々な呼び方がありますが、正式名称は「カプセルトイ」というらしい。

私はふだんから、ガチャガチャと呼んでますので、ブログではガチャガチャに統一しときます。

ガチャガチャとは、小型自動販売機の一種で、硬貨を入れてレバーを回すと、カプセル入りの玩具などが出てくるもの、または、その取り出した玩具を指します。

はっきり言って、個人的にはガチャガチャにはあまり関心がなく、どんな玩具が出てくるのか、じっくりとガチャガチャの機械を見たことがありませんでした。

一方、ガチャガチャが好きで、ガチャガチャがあればとりあえずチェックして、気に入った玩具をとるために、何回も回す人も多いようで、子供だけでなく、多くの大人のガチャガチャファンもおられます。

2〜3年前、関西国際空港第一ターミナルビルに多くのガチャガチャが設置されているというニュースを見たことがあります。

外国人観光客の方が帰国時に余った日本円の小銭消費に利用されることが多く、日本のお土産にもなって大人気だったそうです。

しかし現在は、コロナ禍でインバウンドのお客さんもいなくなり、新世界でも日本人観光客、近隣の人達がガチャガチャを楽しんでおられます。

先に書いたように、ガチャガチャは自動販売機の一種であり、自販機でペットボトルを買うように、深夜でもガチャガチャを楽しむことができます。

緊急事態宣言下で飲食店が時短営業してますが、ガチャガチャは、24時間営業です。

どんなガチャガチャがあるか、ちょっとだけチェックしてみました。

人気の『鬼滅』関連のガチャガチャは、どのガチャガチャコーナーにもあるようです。

意外に、古銭ガチャも人気だそうです。

コメダ珈琲の人気メニューがミニチュアサイズになった「ミニチュアコレクション」、フィギュアメーカーの「ケンエレファント」がコメダ珈琲店監修で制作した、リアルでかわいいと話題のミニチュアです。

京都伏見の蔵元「月桂冠」が小さくてかわいいフィギュアになりました。

『警報機ライト』ガチャもあるんですね。

『座卓 • 座椅子マスコット』ガチャ、ある種の趣を感じます。

亀ガチャ、マニアに人気がありそうですね。

100円〜500円で一回、回すことができるガチャガチャが多く、その種類によって金額は様々です。

いつもガチャガチャをしている人にとっては、今更、ブログで書くほどのことではないと思われるかもしれませんが、ガチャガチャに縁がない人にとっては、なかなかおもしろい商品が入ってると、新しい発見になるでしょう。

新世界を歩くとき、ちょっとガチャガチャにも視線を向けてみてはいかがでしょうか。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【浪速の恒例行事 2021年『通天閣節分福豆まき』について☆】

毎年、通天閣で行われる節分福豆まきは、1957(昭和32)年から続く恒例行事です。

大阪府市民の繁栄と幸福を祈願することを目的に行い、毎年、各方面で活躍中の方々が、通天閣特別屋外展望台と一階正面玄関前で、特製福豆袋に入った落花生、その数およそ 5000 袋、重さにすると 100kg を撒くというのが恒例になっています。

昨年の『通天閣節分福豆まき』には、東京オリンピックにクレー射撃で出場が内定していた中山由起選手(日立建機株式会社所属)と追手門学院大学チアリーダー部SOLDIERSらを招いて開催されました。

毎年、多くの報道陣が集まり、季節を表す恒例行事としてニュースや新聞などで紹介されます。

さて、新型コロナウィルス感染拡大が続き、現在、大阪府には緊急事態宣言が発令されています。

そんな状況の中、第65回を迎える通天閣の節分福豆まきはどうなるのか心配してましたが、今年は感染防止対策として、非接触での福豆配りに変更して、皆様に『福』を届けるようです。

これまでの福豆まきでは、上の写真のように、通天閣下広場には福豆を授かりに多くの人が集まり、かなり密になってしまいます。

このような状態になることを避け、待ち列でのソーシャルディスタンスを確保しながら福豆配りをするという形態になるようで、盛り上がりには欠けますが、今の状況を鑑みたら仕方がないことでしょう。

■浪速の恒例行事 2021年『通天閣節分福豆まき』について

今年は非接触での福豆配りに変更して、皆様に『福』を届けます!

日時/2021年2月1日(月)10時〜10時10分までを予定。

内容/通天閣正面玄関前で約1000袋を非接触での福豆配り

※ 37.5度以上の発熱や咳などの症状がある方は参加をお断り致します。

※ マスク着用されてない方は参加をお断り致します。

※ 混雑状況によって入場制限や行事を急遽中止させていただく場合があります。

コロナ禍で、多くの人にとって大変な状況が続いてますが、通天閣の節分福豆配りで、2021年の福を授かり、コロナウィルスという鬼を日本から追い出してほしいものです。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【JR新今宮駅、これからも変わりゆく風景☆】

新世界は交通の便が良く、幾つもの最寄駅に囲まれています。

地下鉄御堂筋線『動物園前駅』、堺筋線『恵美須町駅』『動物園前駅』、阪堺線『恵美須町駅』、JR新今宮駅、南海高野線『今宮戎駅』が最寄駅です。

休みの日、新今宮駅からJR環状線に乗る機会がありました。

JR新今宮駅の前からは、マルハン新世界店、ドン・キホーテ新世界店、遠くには『あべのハルカス』が見えます。

マルハン新世界店、ドン・キホーテ新世界店ができる前には、都市型娯楽施設『フェスティバルゲート』がありました。

また、一昔前には『あべのハルカス』もありませんでした。

この10年で新今宮駅周辺の風景も変わりました。

新今宮駅の北側の改札(新世界側)は、『通天閣口』という表記になっています。

久しぶりに新今宮駅のプラットホームに立ちましたが、カラフルな案内表示が目立ち、思わず写真を撮りました。

新今宮駅では、2020年7月からホームドアの設置に向けて基礎工事が行われています。

プラットホームのカラフルな案内表示は、ホームドアユニットの取り付け箇所などが表示されているようです。

工程表によると、2021年3月〜7月、2021年10月〜2022年3月にかけてホームドアの取り付け工事が行われる予定です。

新今宮駅のプラットホームでは、『星野リゾートOMO7 大阪新今宮』というホテル建設を見ることができます。

昔、ここにはクラブコスメチックスの研究所・化粧品工場、日本ラス工業の工場があったそうです。

その後、1996年から2009年までは、浪速警察署の建替え時の仮庁舎や、大阪府警本部なにわ別館として使用されていた時期もありました。

それ以降、長い間、大阪市所有のまま広大な空地の状態が続き、地元では長年の課題になっていました。

当初は大阪市が学校建設用途に土地を購入していたものの建設計画が進まず、基本的には何の用途も成してなかった土地でした。

『星野リゾートOMO7 大阪新今宮』は、2022年春に完成予定だそうです。

ホテルの完成により、新今宮駅周辺がどのように変わっていくのか期待していきたいですね。

久しぶりに新今宮駅のプラットホームに立ち、新今宮駅、及び周辺の風景を見て、一昔前からの変化を実感し、そして、これからも発展的に変わりゆくように感じました。

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。

【天王寺動物園情報誌together☆家族で楽しめるフリーペーパーです!】

新世界に隣接する天王寺動物園は、通天閣の屋外展望台からも見ることができます。

運が良ければ、サバンナゾーンにキリンなどを見れる時もあります。

ところで、大阪市内にお住まいの方、大阪市内で仕事をされている方なら、地下鉄などの駅で『天王寺動物園情報誌together』を見かけたことがあると思います。

3世代フリーペーパーとして、天王寺動物園情報紙「Together(トゥゲザー)」は大阪市天王寺動物園とのパートナーシップにより平成20年4月に創刊しました。

早いもので、創刊してから10年以上が経ったんですね。

天王寺動物園(公園)および地域社会の活性化を目的とし、環境問題や動物愛護の精神、希少動物の保護などを盛り込んだ啓蒙記事を掲載、ご家族みんなで楽しめる公共性の高い媒体として注目されています。

発行は隔月で、10万部を大阪市を中心とした主要駅や公共施設、府下市立幼稚園、大阪信用金庫、大手コンビニ「セブンーイレブン」等に設置・配布しています。

下の画像は、昨年12月に発行されたものです。

天王寺動物園では、113(ジュウイさん)、114(ジュウイシ)の語呂合わせで、11月3日と、11月4日を『天王寺動物園ジュウイの日』と定めているそうです。

その日にちなんで、『秘密のジュウイSHOW』を開催し、動物園の獣医さんのお仕事について紹介しました。

昨年11月25日、ホッキョクグマの双子の赤ちゃんが誕生したんですね。

ゴーゴ君とイッちゃんの間に待望の赤ちゃんが誕生です。

天王寺動物園『スタッフブログ』が、ステイホーム賞を受賞したそうです。

日本中で新型コロナウィルスの感染が広がり、天王寺動物園も休園した期間もありました。

再び開園するまでの間、できるだけ毎日ブログ配信することを心がけたことが評価されたようです。

天王寺動物園に年間パスポートがあるそうです。

大人2000円 市外小中学生800円

初回入園日から1年間有効です。

その他、天王寺動物園のこと、動物達のことが解りやすく書かれていて、家族で楽しめるフリーペーパーになっています。

天王寺動物園に行かれる前に読んでおくと、もっと深く動物園を楽しめるでしょう。

ふだん、駅などでも何気なくフリーペーパー『天王寺動物園情報誌together』の前を通り過ぎておられると思いますが、見かけたら、是非、手に取って読んでみてください。

『天王寺動物園情報誌together』については下記ホームページをご覧ください。

https://womanlife.co.jp/together
Together
天王寺動物園情報紙「Together(トゥゲザー)」は大阪市天王寺動物園とのパートナーシップによりH20年4月に創刊しました。 天王寺動物園(公園)および地域社会の活性化を目的とし、環境問題や動物愛護
リンク
womanlife.co.jp

https://womanlife.co.jp/topics/together/1086311
天王寺動物園情報誌 Togerher(トゥゲザー) 2016年02月19日号
リンク
womanlife.co.jp

★Twitter@shinsekaizyoho
「愉快・痛快・新世界情報」では、新世界のイベント情報や最新情報を発信しています。

※ 当blog掲載の写真・動画等、無断での複写(コピー)及び、コンテンツの転載転出を禁じます。